989 とある憲法学者の述懐「時代や世代を超えての学問は困難」~敗戦占領憲法だもの/伊藤博文には負けてるね

私が,司法試験合格のために20回も読んだ憲法の基本書
それはとても著明な学者の教科書ですが,
巻頭に以下の様な「はしがき」を書かれていました。
・・・・司法試験受験生は,はしがきまで一字一句逃さず読むのです。

    「『学』であらんとすれば,時代や世代を越えて妥当するあるものを目指さなければならないが,それぞれの世代にはそれぞれの表現形式のようなものがあるのではないか。わが国における憲法学の現状をどのように評価するにせよ,また,その現状を正確にくみとりうるかどうかは別にして,少なくともそれとの格闘のあとには自らそこに一つの世代的表現のようなものが現出しないであろうか。」

当時は,尊敬する大学教授ですから,このはしがきは「なんて格好良いんだろう」と思いました。

でも,長い裁判官の経験を経て,今は弁護士として,読み直してみると,何か味気ない。

今思うのは,「なんだ,時代を超えるものをめざせなかったんだ。」

例えば,民法の大家我妻栄大先生のような方とは比肩すべくもない方だった?のだとおもいます。

っていうか,何よりも,御著述当時2641年も続いていた日本の歴史を,国体を,この学者は視野の外に置いている,置かざるを得なかったのではないか?

    伊藤博文は,明治憲法を作るため,
    長年海外で先進各国の憲法制度を徹底的に勉強し,
    日本に戻ってからも,受け売り(=直輸入)を絶対にせず, →後注)
    更に7年の歳月を経て,日本の国情,国体・歴史を研究,これらにぴったりにあった憲法を作るよう尽力した。

    これと比較したとき,上記憲法学者の研究研鑽態度の何と味気ないことか。

って言うか,憲法学者って,所詮占領憲法,敗戦憲法の解釈しかできないからでしょう。
しかも敗戦憲法・占領憲法を護ることばかりで,
本音は,憲法改正なんてもってのほか,との意識に凝り固まっているからでしょう。

時代を超えた日本の歴史を織り込めないのもちろんのこと,
他国の憲法で当たり前にある議論や国防問題等にも口を固く閉ざしたまま。
敗戦憲法の制定過程という立憲の経緯は,憲法の解釈や改憲必要等には絶対に結び付けてはならないとの態度をひたすら貫く。
起草過程をきちんと見ない,起草過程の実情と解釈とを完全に切り離すのは,実は,法律学者の中では憲法学者のみ。 →後注2)

これら片面的な態度は,日本の他の法律学の学者にも見られない特殊な態度,
私に言わせれば,硬直した頑なな態度なのです。


【憲法が元々日本のために作られたものではなかったからこそ】
本当に日本のためにできた憲法ではないにもかかわらず,憲法学者は,
これを絶対に護るとの態度を貫かざるを得ないからこその前記「はしがき」なのだと思います。

日本の憲法学者の悲しき限界なのかもしれません。 →後注3)


    後注)
    なお,この学者ではないのですが,
    憲法学者というと,米国の学者の書いた論文をただ翻訳して直輸入するだけ,という「翻訳業者」がとても多いです。
    それは,如何にもこなれていない翻訳調の日本語の文章タッチから,
    「ああ,これは翻訳しただけだな」と我ら学生は,当時から口々に言っていました。

    しかも米語なら,我々学生だって得意な人は多かったので,
    「こんなこと(しかも雑な翻訳)で良いなら,憲法学者なんて,実に楽なもんだよね」と皆言っていました。

    日本国憲法が米国憲法をベースにできているとはいえ,
    こうした翻訳するだけの直輸入的活用は,伊藤博文は蔵場の陰でお嘆きのことと思います。


    後注2)
    実は,憲法における重要な考察概念に,「立法事実論」があるのが皮肉すぎます。
    とある一法律の制定の背景となった,社会現象や事実等のことで,立法の必要性を基礎づける事実です。
    憲法学者はこの「立法事実論」は大好きなようで,よく用いておられます。
    しかし憲法そのものの立憲事実は,全く見ようとしない,解釈論等に生かそうとはしないのです。

    まるで偏向メディアのような偏向振りです。


    後注3)
    憲法は我が国の最高法規です。
    にもかかわらず,憲法学者の学問的な態度としては,
    民法学者らと比較しても,実は決して最高の名に値しない悲しさがあるのかもしれません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中