980 都知事選の偏向報道 1日2候補各3分の紹介,二週間ならのべ28人こなせるのに

都知事選で,選挙戦は二週間以上もあるのに,
相変わらず3候補しか取り上げない。

関西のテレビだけはそれをさすがに気にしたのか,言い訳の報道をした模様
(後記のとおり,その言い訳は問題だが,気にするだけまだましな方かもしれない。)

しかし,そもそも選挙報道を,例えばプライムタイム等に
1日15分程度掛けてやるなら,その半分程度を主要3候補に,
残りの半分の時間を,2候補程度に絞って,毎日順次紹介していけば,
二週間で28名まではラクにこなせる話。

今回は21人の立候補だ。
番組構成上かなりのゆとりがある。

全てのメディアがこれをできないのはおかしいし,少なくとも余りにも工夫がないというほかない。


【国民の知る権利を候補者の問題にすり替えるマスゴミ】
上のブイのテレビ局によれば,
報道されないのは,「三候補のみの報道についてどう思うか」のアンケートに回答すらしないような候補者自身の態度が問題であり,
そんな候補者が報道されなくても当然だと

これはとんでない傲慢な態度だ。全く以て間違っている。

何故なら,報道の自由が何故憲法で保障されているかというと
それは,国民の知る権利に奉仕するためだ。

各候補者の政治的意見を紹介して,国民の間の議論を活発にすることがその目的だ。
マスコミはそれができるから,報道の自由を認められるのだ。

「候補者が回答しないから報道しない」では国民の知る権利に答えていない。
報道をする自由の担い手としてふさわしくない。

    そもそもそれを言う前提として,候補者が,マスコミからの愚問に答えないことをもって,
    マスコミが候補者を取り上げる必要がないというのはおかしい。

    しかも,アンケートなり質問なりの前に,
    マスゴミは最初から3候補しかとりあげていないのだ。
    なのに偏向報道をした後になってした質問に答えないから,
    は順序を完全に取り違えている。
    責任転嫁も甚だしい。


【結局,電通かなにかの策謀では?】
今回は,3候補以外にも
きちんと政策意見を持っている候補は多くいる。
しかも,過去政治経験のある方,著明なジャーナリストもいる。

にもかかわらず,二週間もある選挙期間中,
1日2人未満の紹介でよいのに
これを一切取り上げないのは,本当におかしい。

しかも,各メディア一斉に行っている。

所詮,パチンコ業界を否定する,実力候補をオモテに出したくない電通か何かの勢力が,それをしかけているだけだと思う。

候補者1日2人の紹介は,いとも容易にできる話なのだから。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中