956 米韓同盟,韓国のTHAAD配備正式決定 平和安全法制は正解だった?

7月10日の参院選で,報道によれば
「改憲勢力」が3分の2超の165議席になったと。

    改憲勢力というネーミングは,
    小泉総理の『抵抗勢力』になぞらえたマスゴミの造語でしょうか
    相変わらず情けない発想ですね。

    まあ,日本国民は賢いから,今回は印象操作には与しないでしょうけど。。

私は,改憲は,そう簡単に国民に浸透するはずもなく
このブログでも繰り返し投稿しているようにじっくり検討・議論をすべきなので,
改憲を目指す議員が165人になったといっても何の感動もありません。


【韓国が遂にTHAAD配備正式決定】
そんな中,参院選の前ですが,
韓国がとうとうTHAAD配備を正式に決定したとのことです。

    昨年末の忌々しい?日韓合意もこれを推したのでしょうか。

平和安全法制の果実か? 韓国,米の要請でTHAAD正式配備決定

何はともあれ,危険極まりないならず者国家
中国共産党や拉致犯罪の北朝鮮への監視・迎撃態勢が整うことは素晴らしいことです。


【平和安全法制の果実か?】
私は,昨年秋に,旧民主党が暴徒化した国会で,
平和安全法制が成立しました。
米国軍との連携が密になりました。
・・・・集団的自衛権です。最高裁判所も認めています。

私は,米国が,中国共産党の必死の抵抗と工作にもかかわらず,
韓国に強く働きかけて,THAAD正式配備にこぎ着けたのは,
集団安保体制強化としての平和安全法制のお陰かと思います。

まずは,拉致被害者を取り戻す1つのきっかけになるといいですね。

現在のヒトラーは習近平
ハイル・習近平ってか?


【追記-参考YouTube】

カテゴリー:日本の平和

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中