955 移民受入拡大を否定する理由は,同化・日本語教育ができないから(=基本的人権の壁)

ヘイト法は,できましたが,
大多数の日本人は,他国ほど,外国人を排斥した経験はないと思います。

いわゆるお客様
少なくとも接触の最初から見下したりするのではなく
日本人同様に接してきたと思います。

    ステレオタイプ的に引き合いに出される関東大震災の朝鮮人打ちのめしは,
    実は,大震災のどさくさに,暴虐の限りを尽くした朝鮮人が跋扈したため,
    地元に自警団ができて,防戦しただけだ、ということです。

    しかも当時皇室攻撃の企てすら在日朝鮮人にあったと。


【戦前の皇民化教育への大非難から分かること】
戦後,GHQが支援したサヨクちゃん達は,
ながいこと,日本の大東亜戦争時代の対外侵略を非難しました。
その最たる例が,「他国の人民を,無理矢理日本人にして,日本語や神道を押し付けた!」
です。

それは実は大嘘なのですが(他国の戦争ではあります。「月曜物語」参照)
この非難のベースとして言われるもっともな大前提が,実はサヨクちゃんにはあるのです。
それは,言葉は,基本的人権の最たるものです。
母国語を奪われることは,人権侵害の最たるもの,です。

    日本でも刑事捜査・刑事裁判では,
    外国人の被疑者被告人には,必ず通訳人がつきます。
    母国語で取調べを受け裁判を受けるのは,基本的人権の重要な内容だからです。


【移民外国人は,日本語を学ばない,学ばせられない】
米国等先進国の企業から派遣されたビジネスマンらはさておきます。
彼らは,日本語を真剣に学びます。

そうではない移民一般,とりわけ便宜的な移民(違法を含む)
は,私の経験例でも,幾ら説得しても中々日本語を学ぼうとしません。

    私が言いたかったのは,他でもありません。
    「日本で良い仕事に就いたり,経済活動能力を高めるには,日本語を覚えて下さい。ここは日本なんだから。」
    「最悪,英語米語くらいは学んで下さい。日本でも世界でも使えます。」

    それを言い続けて何年も経つのに,学ぼうとしないのです。
    ある外国人は,敬けんなキリスト教信者だったので,
    左右見開き頁に,それぞれスペイン語と日本語の2か国語で書かれた聖書をプレゼントしたこともありますが,それから4年経っても未だに日本語は話せません。
    彼は,かれこれ15年も日本に住んでいます。

    日本語を話せなければ,日本社会で真に受け入れられる存在にはなり得ません。
    経済的には閉ざされたままです。

    語弊はありますが,例えば
    小さい子にかけ算の九九を,半ば無理矢理にでも暗記させるのは必要です。
    かけ算の九九もできないまま大人になったら,多くの人は生きていけません。

    移民に実は必要なのは,日本語の習得です。

    言葉ができなくても,企業は雇い入れることができないわけではないでしょう。
    ただ,仕事の幅はうんと限られます。
    結局,安くこき使うだけのかわいそうな対応になります。
    →後注)



大日本帝国は別としても,前記のとおり,
戦前は世界中で,戦勝国が敗戦国に自国の言葉を押し付けることをしてきました。

しかし今は,時代が違います。
基本的人権の保障の要請があるためにもはやできません。
かけ算の九九のような話をしても,別の話だと一蹴されるでしょう。


【同化政策ができないのに移民保護は無責任】
このように,今は,戦前とは違って,
同化政策,言葉を押し付ける等は,進出先の国外はもちろんのこと
自国内でも,入ってきた移民に対してできないのです。

しかも,移民受け入れ以前に,そもそも
その移民が国籍を持つ国が,その人民を保護する責務があるのです。
実際その国は,その国民に母国語で話ができますし,文化や歴史。価値観を共有しています。

受入れ先の国(日本など)は,そうした責務はなく,本来は,
ただ日本国の立法裁量として,自国民保護に支障を来さない・逆差別にならない程度に
外国人保護の制度を作ることまでは否定されない,というだけです。
憲法解釈上、生活保護は,外国人には本来認められないのです(最高裁判所判決)

    しかし実際は,どうでしょうか,困っている外国人に生活保護を認めていますよね。
    その一方で,日本語を修得させることは,人権侵害とされて認められないのです。


【日本人も,移民も不幸にするだけ】
このように,移民政策は,日本を壊し(他国民保護による逆差別)
かといって,移民を幸福にさせなることもないのです。
大変に浅はかな考えです。
一体誰がいちばん得をするのでしょうか

    移民政策を推進する勢力を,一般にグローバリストと決めつけたりする方がいらっしゃいます。
    それが正しいかは別としても,彼らが何故それを言うかというと,
    日本人も移民も結局不幸になるだけだからです。

    シリア難民の子供が水際に死んでいたというやらせ写真
    アイコラ写真は,誰が企画したのでしょうか。

移民拡大のヤラセ写真・アイコラ写真がここに。

少なくとも,最初に述べた,良識派の日本人が真心で思い描き,考えているような,
良い意味での「人類みな兄弟」のような発想ではありません。


    後注)
    こうした中途半端なやり方を、
    実は、昔の日本の高徳のお坊さんは、
    「末通りたる慈悲に非ず」と呼んで非難しています。
    これは実は仏教の基本的な考え方です。

    戦前、未だ仏教が盛んだった日本の国民が大東亜に出て行ったとき、
    インフラを整備し、学校を作り、差別なく教育を施したのは
    「末通りたる慈悲」という考え方を分かっていたからです。

    なお、「末通りたる慈悲」かどうかの論議は、子供向けのマンガ、一休さんでもちゃんと描かれています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中