945 「中国朝鮮人は」ではなく,「特ア政府」「特定アジア特定共産党人民」(特ア特共民)と正確に言いましょう。

今はやりの言葉でいうと,所謂ヘイトはいけません,とでもいうのでしょうか?

何事も,十把一絡げの言い方は拙いですよね。

ヒットラーが出たとはいえ,「だからドイツ人は」と言って,
ドイツ国民全員がヒットラーと一緒であるかに述べるのは拙いでしょう。
現在のヒトラーは習近平

米国は,原爆2発も日本に落とし,東京だけでも焼夷弾でひと晩で10万人の日本人を焼き殺しました。
でも,今の米国人全員を非難するのは拙いでしょう。

また如何に国民全員が反日教育を受けているからと言って,
また仮に日本での犯罪率が高いからと言って,
善良な多くの中国一般国民や,韓国国民,北朝鮮の国民の方々を十把一絡げにして,
例えば,その国の全員が犯罪者であるかに言ったり,
拉致犯人だとしたり,臓器狩りばかりやっている
などととカテゴライズするのはまずいでしょう。

だからこそ,ヘイトスピーチ法が出来たのでしょう。


【せいぜい良識ある他国人にその国の狼藉者を注意して貰う】
ある人は,言いました。
「同じ○国の中で,良い○国人と,悪い○国人がいて,後者が日本に来て悪さしたり,反日活動しているなら,良い○国人はなぜ黙ってみているのか」
「悪い同胞人を注意して,日本に迷惑を掛けるなと注意しろよ」
と。

それは確かにそうです。
在来外国人でも良い人はいるとしても,
良い人ならなぜ,行儀の悪い同胞を注意しないのか,何故放置ができるのか
と言われれば,そのとおりです。
外交問題が起こらないように,同胞の人に注意すべきです。

ただ,他方で注意しても直らないので諦めている人も中にはいるのかもしれません。
しかももしそれを言うなら,そういう問題を放置している他国の特定政府に対してでしょう。


【やはり言葉を特化して使おう】
第1に,反日や日本への狼藉の責任は,その国の政府です。
反日教育をすれば,その国民が反日活動するな,という方が無理でしょう。

やはり,その特定国の政府の責任だということです。
すると,その国の善良な多くの国民は,対象から外れます。

友好も保てるでしょう。
SEALDsに言われるまでもなく,そうした人とは酒を一緒に飲んで語り合えるでしょう。

第2に,特定の独裁思想団体の考え方に染まった一定の集団だけを取り上げるべきです。
特定アジア特定共産党人民(=特ア特共民)などというべきです。

そしたら13億人もの虐げられた特アの国民に失礼にもならないでしょう。


    後注)
    本来は違憲であると思われる不公平なヘイトスピーチ法,
    善解すれば,在日外国人全部を悪者にするんじゃなくて,
    その在日外国人を指導したり引き取るべき特ア等の政府を直接名指ししろよ!
    という立法かもしれません。

    ちょうど,米国下院が343号議決で,中国共産党の臓器狩りを名指しで非難決議を出したように。。。
    この場合,当然ですが,政府を名指ししても,被害者である中国国民を含めていません。
    「だから中国人は」とひとくくりにしてしまうと,その被害者の中国人は辛いです。

    もっとも,こうなると,外務省の役人が心配する「外交問題に発展する!」
    は完全に無視しないといけません。
    ではなく,「他国の特定政府を名指ししないと,ヘイトスピーチ問題に発展する」と言うべきです。


    後注2)
    「他の国の政府を憎んで,その国の国民一般を憎まず。」

    「罪を憎んで人を憎まず」という言葉があります。
    また「苛政は虎よりも猛なり」という言葉もあります
    (=その国の政治が悪かったら,他の危険を犯しても他国に移り住むしかない)。

    言葉の選び方も特定国家政府,特定国家における特定政府組織団体と名指しすべきです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中