913 法テラスには外国人事件用の通訳パック料金の支援がない

我々,弁護士は,事件を受ける時は,
基本パック料金として受けます。
(オプションもありますが)

パック料金は,
1つの事件につき,想定しうる全ての事柄を代理するが,
それが1つの料金(着手金と成功報酬)でまかなえること。
→後注)

    ただ,弁護士は,希にタイムチャージとして受けることもあります。
    考えられるのは
    例えば,境界紛争訴訟や,極貧では必ずしもない子どもの事件
    そして,保険会社がバックに付いている交通事故事件くらいです。


【法テラスの登場】
平成17,8年ころでしょうか。
法テラスがスタートしました。

料金が安い上に(弁護士にとっては正直つらいが),
分割払が出来るので,
デフレが続いた日本では,徐々に定着しつつあります。
しかも弁護士が増えたので,
「こんな(経費倒れになるような)安い金額でやってられっか」という方はうんと少なくなりました。

そして法テラスの事件への支援は,前記弁護士報酬について,
最初に述べたパック料金になります。
事件の解決に何年かかろうが,それだけの理由で料金が加算されることはないと言ってよいと思います。


【外国人事件は辛い】
外国人の法テラス扶助事件は,実は困りものです。

言葉が通じないだけでなく,結構頻繁に本国に帰ります。
しかも何年日本に居ても,日本語を覚えようとしないことの多い民族がいます。
たまにその民族の方で、日本語がしゃべれるのは,
日本人の親戚が居る場合とか,日本人と結婚した人の場合です。
日本人の感覚からして他国に移住してその国の言葉を覚えないことは理解できないですが,意外と多いと思います。

逆に日本語ぺらぺらだと,スパイだったりしてかえって怖い?(冗談)

裁判の依頼は,通訳抜きではまず無理です。


【法テラスには,通訳パックはない】
そんな外国事件に付きものであるはずの通訳は
弁護士が前記のとおり,事件の依頼をパックで受けるように,
通訳人の料金がパック化されていません。

個別に通訳を頼み,その都度,法テラスによる立て替え支援(=後で分割返済する)が可能かが審査される。

立て替え支援の総額にも限度があり,
訴訟や調停が長引くと,途中で一時立て替えの支援すらも打ち切られ
依頼者の自前になる。

弁護士の着手金は,1年前後かかる案件でも10万円~20万円くらいだから
毎回の打ち合わせや裁判所出席を繰り返すと,
通訳費用だけでも馬鹿にならない。

本国に帰国されると,書面のやりとりになることもあり得,その場合には,
翻訳料金もかかるかもしれない。

裕福な外人さんは格別,
弁護士の着手金(しかも法テラスの低料金)でもフーフー言うであろう外国人さんだっているはず。
それにもかかわらず,莫大な通訳・翻訳料金が別にかかるとなると,
それはそれは彼らにとって大変なことだ。

せめて,弁護士の法テラスのパック料金(着手金)同程度かそれを少し上回る程度の通訳パック料金制を敷いてほしいものだ。
その事件が終結するまで,どんなに回数を重ねても,弁護士と同様に定額・低料金ならよいのだが。。。。
→後注2)


    後注)
    司法書士さんの場合
    簡裁代理は知りませんが,書面作成業務であれば,
    1枚作成毎に,○○円取られると聞きます。

    かなり前に言われていたことで,今でもそうかは知りませんが,
    1枚○○円なら,沢山書いた方が儲かるので,やたら文書が多くなると。
    場合によっては,1つの訴訟につき全部の書面作成をしてもらうと,弁護士よりも高い金額になると。
    ・・・・昔聞いたウワサです。


    後注2)
    通訳事件の場合は,通訳人にも気を遣いながら
    言葉を選んで話すので,
    弁護士にとっても大変に労力がかかる。

    しかももちろん,打ち合わせ等の時間も倍近くかかる。

    通訳人との日程時間調整をするのも気を遣う。

    つい,事件よりも依頼者のお金の心配をしてしまう心配もある。

カテゴリー:司法制度司法改革弁護士

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中