876 弁護士は悪の手先か(4) 弁護士倫理規程からの検証

弁護士は悪の手先だと思っておられる方が,世の中には多いようです。

ですので,この題名のブログは意外に定期的に閲覧がなされるようです。

そんなリクエストにお応えして?今回は別の角度から論じたいと思います。


弁護士は,実は弁護士会に強制加入させられますところ,
その弁護士会には,弁護士倫理に関する規定が存在します。
弁護士倫理規程と言います。

この弁護士倫理規程によれば,以下の規定があります。

    (不当な事件の受任)
    第31条
    弁護士は、依頼の目的又は事件処理の方法が明らかに不当な事件を受任してはならない。



この規定では,「(明らかに)不当な事件」とあります。
不当とはどんな意味でしょうか。

【弁護士倫理規程における不当の意味】
実は,ここで考えなければいけない重要な点があります。

依頼者となってくれる国民には,裁判を受ける権利があるのです。
これは,基本権を実現するための基本権と言われ,憲法上重要な権利です。

そのため,ある人Aが仮にBに裁判を起こしたものの,結局敗訴したとします。
その場合でも,当然に,その相手方B(勝訴者)がAに対して損害賠償請求できるのではないとされているのです。
裁判を受ける権利があるからです。

BがAに損害賠償請求できる場合はむしろ例外的だとされているのです。

そして損害賠償請求できるような問題ある裁判提訴を,業界用語ですが「不当訴訟」と呼ぶのです。

    最判昭和63年1月26日民集42巻1号1頁
    「民事訴訟を提起した者が敗訴の確定判決を受けた場合において,右訴えの提起が相手方に対する違法な行為といえるのは,当該訴訟において提訴者の主張した権利又は法律関係(以下「権利等」という。)が事実的,法律的根拠を欠くものである上,提訴者が,そのことを現に知り又は通常容易に知り得たのにあえて訴えを提起したなど,訴えの提起が裁判制度の趣旨目的に照らして著しく相当性を欠くときに限られる。
    何故なら,訴え提起にあたり自己の主張する権利等の事実的,法律的根拠につき,高度の調査,検討が要請されるとするならば,裁判制度の自由な利用が著しく阻害される結果となるからである。」

ですので,前記弁護士倫理規程上の「明らかに不当」とは,こうした最高裁判決が問題視するようなやり方の場合を不当というのだと思われます。 →後注)


【不当の概念は本来は広い】
しかし,本来,「不当」の意味は広いはずです。
一般的な用語法によれば,
違法の方が問題が大きく,不当はそこまでのものではないものも含まれるとされ,
例えば所謂道徳違反的なものまでも含まれるとすることが多いはずです。

つまり弁護士倫理規程上の「不当」を広く解釈する可能性は未だ残されています。

ということは,やはり弁護士は,受任には常に注意をするに越したことはなさそうです。


【本当に怖い現在進行中の不法行為者からの依頼】
しかも,仮に(広い意味としての)不当はともかく,
分かりやすくするために「違法な場合」を想定するとします。

この場合、違法とはなにも刑罰法令に触れる場合だけではありません。
民事上の不法行為も当然に含まれます。

しかもこの日本では,刑罰法規には触れないのをよいことに,
民法上の不法行為を何と現在進行形で進めている国民だって,時々おられるわけです。
相談を受けた弁護士は,そんな違法はたちどころに判断できるでしょう。

にもかかわらず,もしその方から弁護士が依頼を受けて代理人として事件を受任したらどうなるか。

その国民の継続する違法行為を助長したとみなされるのではないか。
要は,弁護士が(継続する)違法行為に加担した,
その弁護士自身が共同不法行為(民法719条)の責めを受けることにならないか。



もし,私の不安が的中すると,
その現在的不法行為者から依頼された弁護士自身が
その被害者から共同不法行為に基づく損害賠償をされるかもしれないのみならず,
併せて弁護士会による懲戒を請求されることになるかもしれない。



【結語】
弁護士は,どんなに頼まれても,
自分の良心に恥じるような事件は受任しない方がよいと思います。

他人の幸せを省みることがさらさらない方の代理は,決して引き受けないことです。
その相手の返り血を浴びるのみならず,弁護士自身が大きなとばっちりを受けるかもしれません。


    後注)
    その他,被告の住所が分かっていながら,不在だとして判決を勝ち取るやり方は,「事件処理の方法が明らかに不当な事件」とされているようです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中