868 またも震災救助の邪魔をする報道機関 放送法以前。「明白かつ現在の危険」で表現を排除されても仕方が無い。

これまでの震災災害等でも問題になっていましたが
報道機関やその報道ヘリが,救助等の邪魔ばかりしている。

熊本震災でも,報道機関が押し寄せて,
ただでさえ地震発生後には貴重な道路やスペースを
報道車や大型カビデオメラを担いだ報道陣が占拠するなどして
救済の遅れを生じさせている。

報道ヘリが煩くて,町内放送や、自衛隊や市町村の指示の声がかき消されてしまう。
倒壊した家屋の中のなんとか生きながらえている人がいるかもしれないのに,その声を自衛官らが聞き届けることができない。
自衛官の声も,倒壊家屋の下の被災者に届かない。



【マスコミの狼藉振りと,サヨク運動家との呼応?】
今回は,以上に加えて,
・報道関係者が,被災地の熊本のガソリンスタンドに,給油で並んでいる被災者さんの列を無視して横入りしたりとか(100億歩譲っても,熊本に入る前には,下関,小倉,福岡市や佐賀県を通るのだから,事前に給油すべきだ)
・外から来る報道陣は食料は持参すべきなのに,被災者に配給される弁当を横取りして,その写真をTwitterにアップしたり,
・ゼロ戦並の超激速度で飛べて,航続距離も数千キロ,何よりも救援物資が従来機の3倍も登載できるオスプレーの迅速なる駆けつけ救護を「政治利用」と書き立てたり。。。
【ミヤネ屋の焼き芋事件】

こんなのは,常識以前で,誰でも本来注意配慮すべきこと。
うっかりでも何でも無く,意図的と言われても仕方がない。

    なお被災した熊本では,日教組の元教員か,プロ市民かとおぼしき偏向したサヨク連中(所謂パヨク)が,「自衛隊は要らない,来るな」と横断幕を抱えていたりした。
    熊本は,本来保守的な地盤で,しかも自衛隊駐屯地がしっかりあるところだから,他地域以上にこんな横断膜は絶対におかしい。

    前記狼藉を働いているマスコミ達が,この運動家と連動・呼応しているように見えるのは私だけだろうか。後注)



【被災時は明白かつ現在の危険の法理で,マスコミ取材を制限せよ】
鬼怒川堤防の時もそうだが,
これほどまでに,憲法でならった原理原則を学ばせてくれるのは
日本のマスコミを置いてないと思う。

法学部でなくとも,大学の憲法(法学)で習うであろう,
表現の自由の重要性と,にもかかわらず,これには重大な制約原理が有り,
その最たるものが,「明白かつ現在の危険の法理」だ。

    「明白かつ現在の危険の法理」とは,
    表現の自由の重要性といえども,大衆が閲覧している映画館で「火事だ」と叫ぶ自由は認められない等で説明される原理だ。

マスコミは,○○ゴミと言われるのには理由がある。
少なくとも被災地の救済中だけは,表現の自由という名のゴミの様な反日活動は絶対に排除しておくべき。

それは憲法理論上十分に可能だ。

    こうした救済支援の邪魔にならないようにするためには,
    それこそ記者クラブ的発想で,記者達の中で代表を選出して,選ばれた代表だけが現地で取材できる
    ようにしておけば十分。
    例えば,テレビ局代表,新聞社代表,ラジオ局代表の3社に絞れば,全然問題なしだ。


    後注)
    日本のマスコミのおかしさは
    「保育園落ちた,日本死ね」ブログを持ち上げて政府批判をする一方で政府が如何に待機児童解消に尽力して成果を上げつつあることは伝えない,
    舛添都知事の第二韓国人学校への敷地提供と新宿区による保育園利用要請を拒否したことは問題視しない。
    千葉県で保育園の建設に関し,子ども達が煩いから建てるなとの頭のおかしい人の抗議を強く非難することもしない。

    この矛盾した態度と,本文で述べた被災地におけるマスコミの横暴振りを見ると
    日本を壊したくて壊したくて仕方が無いのかと思って仕舞うし,
    少なくともそうした勢力とつるんでいるとしか思えない。

被災地熊本の西原小学校の児童一同による自衛隊への感謝状

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中