865 法文民主化運動 誰にでもできる条文アラビア数字変換

お役人の隠れた嫌がらせが横行しています。
何でしょうか。

それは,法律を庶民が自在に使えるようになると困るので,
読みにくく分かりにくく規定することです。

その最たるものが,条文の漢数字・・・・千二百四十三条とか。。
1243条と書けば,直ぐに分かるのに。。。

    それが条文の文章の冒頭に出てくるだけでも長ったらしくて読みにくいのに
    ある条文は他の条文をひっきりなしに,引用して使い倒すので,
    文章に何度も何度もこういった長たらしい条文が出てくる。

    しかも,そうした文章の途中に,
    二重括弧,三重括弧が挿入活用されることもままあるので,
    本当に混乱してくる。

せめて条文のナンバーだけでもスッキリできないものか。


【素人でもできるやり方の紹介】
プログラマーであれば,
こんなアラビア数字に変換をするのは訳ないことでしょうが,
一般庶民は大変。

しかも使うワープロや表計算,エディターによって,
プログラミング言語(マクロ言語)が違うので,
プロから,たまたまある変換マクロを貰っても,別のソフトでは動かせない。


今回は,我々法律家や庶民にとって,
お役人の書いた条文が使いづらいことをアピールするとともに,
プログラミングを知らない庶民でもできるように,
簡単なアラビア数字変換のやり方を紹介します。


【アラビア変換時に漢数字は前後の数字で変化する】
十,百,千という漢数字は厄介です。
アラビア数字に直すと,様々なものに変化するためです。

    十でいうと,例えば
    二十二が見つかったとして,この「十」は不要だなと思って
    一斉削除すると,「十条」の場合,「条」だけになってしまう。
    逆に「十条」の十を「10」と一斉返還すると,四十は四10となってしまう。

【変換の仕方やコツ,順番等】
ワープロ等のマクロを使っていく初歩的なやり方の紹介です。

まずはお使いのワープロ等の自動記録マクロを使い,1つの置換構文を試して下さい。
何でも結構です。そしてそうやって自動記録して出来た構文をメモしておきます。
その構文に,変換したいものを当てはめて行くのでず。

同じ構文を繰り返し使い回すやり方ですので,誰でもできます。

    なお,構文は1つをExcelに入れて,フィルハンドルで下に引っ張れば,
    200個や300個,1,2秒でコピーできます。

ただ,何をどの順番で置換するかが最大の奥義です。
以下の順番で,用意してください。
(なお,以下の各項目内では,カウントダウン式に用意して下さい。)

1 準備的段階
 まず,下準備として,旧法等の場合,旧字体なので,
 「條」→「条」に一斉変換するよう準備。
 あと,ついでに,念のため,「第一千」を「第千」に一斉変換するよう準備
 (なお,条文変換は二千未満で,普通,おつりが来ます。)
 
2 キリ番を整理
“第千条”,”第1000条”
“第百条”,”第100条”
“十条”,”10条”
というように,準備します。
左が,返還前の言葉,右が変換後の言葉です。

3 千番代の整理
(1) 千条超で,上二桁にゼロがないものの整備
 ここは,上二桁が0でないもの,要は,11,12,・・・・19です。 
 ちょうど西暦を英語読みすると,上二桁を読んで,後に下二桁を読み上げますが
 その上二桁のみをここで扱うのです。
 すると,下二桁の分を後に変換をして継ぎ足せば,完成します。
 
 「第千九百」→「第19」 「第千八百」→「第18」
 というように,9個を先の構文に代入します。
 
(2)千番台で00が入るものの整備
 1001~1009までの分を先に変換してしまうのです。
 「第千九条」→「第1009条」というように。これも9個しかありません。
 

(3)千番台で,上二桁が10となるものの整備
 「第千九十」→「第109」,「第千八十」→「第108」というように準備します。
 これもわずか9個です。
 
4 (数)百番台の整備 
 (1)下三桁の真ん中に0が入るものについて,手当します。
 909や809(九百九,八百九)とかです。
 各百番台に九個ずつ,合計81個あります。
 「九百九条」→「909条」というように,条を用いて使います。

(2)(1)以外の(数)百番台のための整備です。
 上1桁のみの整備です。
 「第九百」→「第9」というように準備,全部で9個です。
 
5 下二桁の整備(3(1)や4(2)と相関係します。) 
 「九十九」→「99」というように,整備。
 11から99までですので,89個あります。

6 最後は,下一桁の整備
 「九条」→「9条」というように。全部で9個です。
 


以上を,変換構文に代入していくのです。
全部で200個超ありますが,
構文は全部同じなので,思ったよりも早くできると思います。

何よりも,このやり方を取れば,どのソフトでも,どのマクロ言語でも使えるのがメリットです。

一度作ってしまえば,あとは,それを引き出して使うだけ。
ほとんどの法律は,たちまちにアラビア変換が完了し,大変読みやすい条文に生まれ変わります。


大事なことは,
法律はお役人のものではないことを忘れないことです。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中