864 田中角栄の功績:憲法規定にない教科書の無償化の実現/憲法改正は高校大学教育の無償化から

最近は,田中角栄ブームだそうです。
100冊も解説本が出ていると。

私も角栄さんは大好きでした。
日本列島改造論の本も持っています。


角栄は,本当に先見性のあった方です。
パソコンが出来る遙か前に,今のGoogle検索等の予言めいたことを言っています。

    私が驚嘆したのは,角栄が小学生の時に作文で
    「雪は貧乏人の家にも金持ちの家にも平等に降る」
    と書いたこと。後注)

    大物の片鱗が既に垣間見られます。



【憲法は教科書の無償まで認めていない!】
私が大学に入り,憲法で学んだことは,
・憲法では,義務教育の無償を定めている(26条)。
・しかし,これとその教科書を無償にするかは一応別の話であり,
最高裁は,無償化に関する国の義務を否定している
と。

ただ,とはいえ,
私の兄はともかく,私が小中学生の時は,ずっと教科書は無料でした。

それは,田中角栄が教科書を無償にしたからです。

    しかし当時のお役人は多分こう言って,抵抗ないし反論したはずです。
    「最高裁は,憲法の解釈として,義務教育とはいえ,教科書の無償までは認められないとしています。」

今では,当たり前すぎるくらい当たり前ですが,
それを難なくやってのけるのは,スゴイことです。



【高校大学の無償化は時代の要請】
思えば,今は,米国でもサンダース大統領候補が教育の無償化を叫んでいます。
結構過激なサヨクさんであるにもかかわらず,
そこそこ得票を取っているようです。
ヒラリークリントンの一角を崩すように。

高橋洋一先生も言っておられたのですが,
憲法26条は,高校大学教育の無償は規定していない。

そこで,高校大学教育の無償化を訴えて,憲法改正の発議をすれば,
必ず国民の評価を受けるはずだと。
誰も文句はないはずですし,
しかも大した財政出動ではないそうです。4,5兆円でまかなえると。

    今,こうした角栄ブームを見ると,
    角栄が実は,天の世界にて,声高に叫んでいるように思えてなりません,
    「憲法改正で,高校大学教育の無償化をやれ」
    「安倍くんはそんなことも分からんのかな」
    「時代がそれを求めているぞ」

    と。


    後注)
    よくきいたエピソードに,こんなのがあります。
    とある料亭で如何にもみすぼらしい着物を着た芸者がいたそうな。
    貧しい家の出だったのかもしれない。
    あるいは別の事情でそうだったのかもしれない。

    彼女の身なりを見て事情を悟った角栄は,
    いきなり着物に酒をぶっかけたそうな。その上で,
    「酒が掛かった着物なんてもう着れないだろう。この金で新しい着物を買え」
    と言って,着物を買うには十分余りある大金を芸者に渡したんだそうな。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中