860 弁護士のパソコン選び等で注意したいこと その2(マザボのスペアを)

以前,545 弁護士のパソコン選びで注意したいこと
を出しました。
今回は,その続編です。むしろ修正になっているかもしれません。

弁護士事務所のパソコンは,自宅用のパソコンとは違い,
「故障したぁ!,じゃあ新品に買い替えるか」では,ちょっと困ります。

事務所のパソコンは,従来のシステムとの継続性や継承性が重要です。

    故障が未だない中で,そろそろ更新かなあと思って,
    (「Windowsも10になったし」等)
    新しいパソコンに買い替える場合なら,
    システム継承等については周到な準備もできるでしょうから未だ良いのです。

    突然に,不調に見舞われる時が困るのです。

    ここで,突然の故障でも,事務所に予備機種があれば大丈夫でしょうか?

    ただ,それでも困ることがあります。
    突然故障では,ソフトウェアの再アクチベーションが困るのです。
    機種乗り換え等によるアクチベーションは,
    一般に,①登録解除→②再度のインストール→③再登録の3段階が必要です。

    ところが,突然故障では①をする余裕もなく,使えなくなったのです。
    登録されたままでは,新規インストールは無意味になりかねません。



【修理に出すと「マザボが入手出来ない」と言われる】
実は,事務所であるが故に,長くパソコンを使うことになる場合,
一つ問題があります。

それは,5年以上も使ってから修理に出すと,
「同じマザボが入手できないので修理できない」
と言われたりすることです。
それで修理をお断りされたりし,新しいパソコン購入を勧奨されるのです。

なお,良心的な業者に当たると,
同じマザボではないまでも,同種のマザボを調達してくれ,
(パソコンの作成年代ころのもの)
しかも我々のシステム・レガシーをそのまま継承させてくれる場合もあります。

それも全く以前と同様に使えるのです。
前記面倒なアクチペーションのやり直しもなく
・・・・神業です。

ただ,そんな腕が優れた業者は多忙なため,
なかなか早くは治してはくれません。
また,そんな優れた修理業者でも,
他のマザボを使用するのはいちかばちかになるようです。

ブラックジャック(原作:手塚治虫)ではないので,
オペが上手く行かないこともあるわけです。



こうした突然の悲劇に見舞われないためには,どうしたらよいか,です。

    問題の核心は,
    マザボは格安の物も多く,結構へたりやすい上,
    技術革新を売り物にするため,更新がやたらと早いことです。

だとすれば,早めにマザボのスペアを購入しておけばよい,という答えになります。
未だ販売しているうちに予備を購入しておくのです。

簡単と言えば簡単な話ですが,つい忙しくて
故障してから慌てる私のようにはならないよう(汗),
老婆心ながら,ご注意申し上げる次第です。。

カテゴリー:弁護士事務所経営

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中