840 日通は,56万人口地域でも,配送を下請けに丸投げして上前をはねる問題あり?

配送事故が多いので,配送業種の構造的問題の追及です。

私の実家の地域は,二市併せると56万人もいます。
我が実家の市には,日通の営業所ももちろんあります。

でも,実際の宅配等はしません。全部下請けです。
その事務所は海外の荷物等を扱う事務所です。

実は,日通の場合,宅配における営業管轄について,
我が故郷の二市地域は,隣接する別の都市(34万人)を起点とする管轄区域に指定されています。
つまり,その管轄人口は楽に100万人を超え,
おそらく150万人くらいにはなっていると思います。
県庁所在地の市が230万人ですし,
比較の上で言うと裁判所も前記起点都市にあるのですが,
その管内人口は150万人です。
(しかし裁判所は,我が故郷地域二市の中にもちゃんと存在します。)

運送で下請けが何故問題かというと,
何もしないくせに上前をはねること,それが最大の問題。

    実は,運送業は過当競争にある上,地味な上にハードな仕事です。
    そのため,車両事故等も頻発しますし,宅配物の破損等が絶えないのです。

    過当競争のために,配送値段が上がらない中,
    それを下請けに出して,自分達は楽をして,しかも上前をはねる。。。
    何たる酷い話でしょう。
    自分だけが最も美味しいところをかっさらって,
    下請け業者に苦しいことばかり押し付けている非道があるのです。

これは顧客にとっても不利益です。
そもそも下請けに出すことにつき,それを予め,顧客契約者等に明示しない。
契約時に荷出人も,受取人にも知らされません。

私は下請けに出すなら,荷出人や受取人に許可を取るべきだと思います。
私は契約違反だと思います。重要事項の説明違反です。

何よりも問題なのは,そうやって上前をはねると,
配送が粗雑になる危険が増すのです。

    早い話仮に大事な家具配送等に7000円で依頼したとして,
    3,4割上前をはねられれば,極めて安すぎる配送品質になる計算。

何故なら下請け業者は,安く買いたたかれているので,
少ない人材でとにかく沢山処理しなければならない。
設備投資等は無理ですので,従業員に無理な負荷が掛かってきます。
こうした下請けの場合,もちろん人材だって十分に確保できない。
せっかく就職する人が出ても,安月給でこき使われて,おまけに体の故障でもしたらたまったものではないから,馬鹿馬鹿しくてやっていられない。
離職率は高くなる。

そんな体制を取られると客だって気が気では無い。
何時問題が起こって,荷物が破損する羽目になるか,大いに不安になる。
つまり,そんな上前をはねるだけはねて,配送品質を下げる危険のある日通と契約したいはずがない。



【日通の本業は何か】
日通の本業は,外国の荷物のやりとりではないでしょうか。

私が米国のオークションで,大きめのある商品を落札したとき,日通が税関や配送を請け負いました。

要するに,いつも税関関連の仕事,お役人との付き合いばかりしているので,労力のかかる辛い仕事は全部下請けに出すのでしょうか。


【アマゾンの受託配送から撤退した/させられた】
日本のアマゾンはかつて,配送はペリカンばかりだったことは記憶に新しいです。

しかもその当時の問題として並行してあったことに,配達時間の指定が全く認めていただけませんでした。
当時もネット取引は大いに盛んで,どこのネット業者も時間指定はしてくれたのでアマゾンほどの大手が,逆におかしいと思われたくらいでした。

だから私は,複数回,アマゾンに時間指定を出来るようにして欲しいとお願いと上申を繰り返しました。
私の努力が奏功して?とはいいませんが,しばらく後
結局今のように,アマゾンのサイトから配達時間の指定ができるようになりました。

しかしそれとともに,アマゾンの配達からペリカンが外れました。
少なくとも時期的には,ぴったり重なっています。

なお,当時から,日通の正社員がアマゾン宅配をしているとの印象はありませんでした。
当時から下請けを活用していたのではないかと思います。
お役人相手の仕事が中心ですからね。

    ここからは,私の想像ですが,
    ①アマゾンの当時から,下請けに丸投げして上前をはねていた,
    ②そうした場合,元々高くもない配送料金を更に低廉化することになる。
    ③だから,そうした上前はねた相手である下請け業者に,時間指定をも引き受けてくれとは,さすがに反発を恐れて言えなかった。

    そういうことでは?

    驕れる者は久しからず。あこぎなことをするから外されるよりほかなかった?

カテゴリー:契約違反損害賠償

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中