828 Biglobe WiMAXから2+への乗り換えキャンペーンで二回線に増える問題点

私は,以前BiglobeのWiMAXを使っていたが,
WiMAX2+の乗り換えキャンペーンがあったので,それに応募した。

すると,二回線に増えてしまっていた。
乗り換えと言ったら,機種変更だけの話だ。普通二回線になるはずがない。

携帯電話やスマホの機種変更と同じ。。。
仮に通信速度が変わっても二回線には普通増えない。

もし携帯電話が二回線欲しければ,乗り換えではなく,
まったく新しく二本目の契約をしに携帯ショップに行けばよい。

    WiMAX等の乗り換えキャンペーンに応募したけれども実は二回線欲しかったんだという場合は,結局従来の回線が使えずに直ぐに困ることになるのだから,それこそ直ぐに問題状況に気付けるのだ。

    現にBiglobeの電話交換自動案内でも,
    「解約後の継続」という独立した窓口が御丁寧に存在しているのだ。



ただ,二回線になったことについてBiglobeは,一応メールの通知をするようになってはいるようだ。
従前の回線は解約されますかと。

    しかし実はその解約手続もややこしい。
    HPを辿っていくのも分かりにくく結構大変で,
    ようやくたどり着いたと思うと,
    「解約手続に進む」(=無地色)ボタンの直ぐ隣に,
    でかでかと「考え直す」のボタンが設置され,しかもオレンジ色に光るデフォルト仕様にしてある。
    要は,その表示にそれにつられてつい押してしまうと,
    画面が切り替わり「ありがとうございました」と出る。
    実は,これは契約を辞めないで継続していただきありがとうございましたという意味だ。

    急いでいるときはこの「ありがとうございました」の新画面を見て,
    解約したと思い込んでしまう悲劇だって起こるだろう。

    ・・・・私はこれをやってしまったのだと思う。

    Biglobeは,二回線に当然に増やす愚行をわざとした上,
    解約させないからくりをもう一枚かませているワケ。

    通知を後にしてくれたとしても,忙しい人はみないということだってあるでしょう。
    そもそも乗り換えというのだから,はなから疑いませんし。




私はこういう会社の手口は良くない思う。
一般常識に反することをやっているから。

機種の乗り換えキャンペーンでこれでは,俗に詐欺というのだと思う。

    ちなみに,釣り銭詐欺というのは立派な詐欺罪に該当する。
    例えば,558円の商品を買って1000円札1枚を店員に渡した。
    店員は1万円札と勘違いして9442円のおつりを渡してきた。
    それを客がシメシメと受け取って帰ると,詐欺罪で罰せられる。
    きちんとおつりが多すぎますよと言わなければならない。
    (おつりが少ないときは,文句を言って是正してもらうのだから,多すぎる時もきちんと言うのが道理とされるわけだ。)

Biglobeはこの種のことをしていると思う。

通知をするからいいと言っても,そう信じ込んでいる人には迷惑な話。
乗り換えなんだから最初から一回線のままにしておくのが筋。

    私は,Biglobeに抗議をしました。
    「乗り換えキャンペーンを使った場合,普通一回線のままで機種だけの乗り換えだろう。」と。

    すると社員はあろうことか。
    「お客様の『普通』とはどういう意味ですか」

    と来た。私はすかさず,
    「あなたが携帯電話の機種を乗り換える時に,二回線になると思いますか?一回線のままと思うのが普通ではないですか。」と。
    さらに続けて
    「お客の普通を今答えましたよ。ではあなたの『普通』を答えて下さい。」
    と言うと,店員は自分で質問しておいて,答えられずにただ話をそらしました。
    後注)

    法律の解釈は,必ずと言ってよいほど,社会通念で解釈する。
    一般常識に照らしてだ。
    あなたの常識,私の常識などと,さも分かったような愚かなことを言ってはならない。
    乗り換えキャンペーンに従って契約したときは一回線が原則だ。
    二回線にしたい人は,後で古い契約の存続が必要でしたと申告すればよい。
    現にそうした窓口を用意しているではないか!

    先の釣り銭詐欺の事例にしても,実は店員が明らかに釣り銭を間違った場合には,
    社会生活を営んでいる通常の常識を持った人であれば,指摘するべき,との解釈が入っている。



Biglobeはこうした馬鹿なことをしてくれるので,頭にきました。

このように,乗り換えキャンペーンと言いつつ落とし穴がありますので皆さんも注意しましょう。

あと,ファーウェイという中国共産党の傘下の企業の部品等を使っている問題もあります。
スパイ会社と米国では名指しされ忌み嫌われています。


後注)
従来分と乗り換え後の分が,月の途中でなされた時,その月がそれぞれ日割り計算をせずに,重複するというのはありです。
日割り計算はした方が良いですが,それはまあよしとしましょう。
しかしその翌月以降に従来の回線をそのまま維持して複線化する必要はないはずです。
自動で古いのは切って,後で客の申出があれば再度繋げば良いだけです。

カテゴリー:刑事問題民事裁判

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中