824 毎日新聞の小保方永久追放事件-法曹は,もう新米記者を育てるのを止めよう。

法律家になると,新聞記者と知り合いになる。
新聞社連中は,裁判所や弁護士等と座談会を開きたがる。

それは裁判所や弁護士等が,他の業界と違ってオープンなことと,
何よりも新米記者にとっては,絶好の教育機会になるからだ。

    どの職種でも,一人前になるのは大変な訓練が必要だ。
    教科書をいくら買って読んでも分からないことは多く存在する。
    実務で実際に仕事を見聞して,実地訓練を経てようやく一人前になる。

    経験のない新米にとっては,なかなか仕事とは厳しいものなのだ。
    下手をすれば,損害賠償等の大変な責任を負うこともある。

    そうなると,どこの職場でもそうだが,
    新米には最初は易しい仕事から始めさせる。しかも監督付で。



新米の新聞記者の実地研修の手法やメソッドは何か。

我々日々戦ってきた法律家から見てどう見ても頼りない新米の記者だが,
彼らが最初何処に配属されるかというと,なんと裁判所や警察等の司法関係なのだ。
何処の新聞社でもそうだ。
青山繁晴さんや長谷川幸洋に聞いて貰っても良い。

    というのも,警察や裁判所等は,情報が確実で,ガセネタは圧倒的に少なく,鵜呑みにして記事を書いて何の問題も起きないから。
    判決書やその要約書を貰って,それを元に記事を書くだけなら,中高生でもできる。
    警察が国家権力を用いて強制捜査して得た情報は,やはり固いから,どんなに能力の低い新米でも問題を起こすことは少ない。

    それで,新聞社としては,教育訓練の一環として,新米を裁判所や警察回りに配属させるわけ。



そうした教育方針の中で,新聞社らが求めてくるのが,裁判官との懇親会や弁護士との懇親会。
お酒をくみ交わしながら,ざっくばらんに意見交換させてもらい,研修させるメソッドである。

    実は,裁判所内部で,頻繁に反感が出たのは,
    裁判所は所長を初めとしてベテラン判事を含む全裁判官が出席する。
    事務方の幹部クラスだって参加する。
    これに対し,新聞社は,部長やデスク等は出席せず,
    出席するのは全て,入社1,2年目の新米記者ばかり。
    「これって,余りにも失礼なんじゃないの」というわけ。
    (なお,後注)

    怒りはごもっともですが,こうした懇親会の狙いは新米記者の研修。
    従って,新米記者ばかりが列席するのも道理と言えば道理。



私は,新米なんだから,温かく育てて上げましょうという気持ちは昔からありました。

ただ,2014年に起きた,入社13年目の須田桃子毎日新聞記者による,
新米の小保方研究者(大学院卒2年目)の永久追放運動を見て,意見が変わりました。

裁判官や弁護士だって一人前になるのに,難しい司法試験の合格は当然として,
昔は2年間の司法研修所の訓練を受ける必要があり,
しかもその後ですら,更に最低5年から10年の実地訓練が必要なんだ。
裁判官は最初10年間は判事補であり,一人前として認めて貰えず,部長の指導を受けなければならない。

およそ誰でもできるような新聞記者の仕事ですら,最初の二年くらいは,安心安全なところで大事に育てて貰える配慮がある。
おまけに,それを我々法律家に要求してくる。育ててやって下さいと。

須田桃子記者とて,自分自身もかつてそうした恩恵を受けてきているにもかかわらず,
冷酷かつ無慈悲にも,実務的には初心者クラスの30歳の小保方さんを徹底バッシングして,永久追放に持って行くのは,許せないです。


こんな酷いことをして平気な新聞記者の体質があるなら,
法律家は,新米記者の研修に肩を貸すことはやめた方がよいと思う。

われらは法の支配や適正手続を担う者だ。
こうしたことを勉強しない須田桃子のような記者を育てるために肩を貸すことはするべきではない。
こう私は思う。

小保方さんは最初の段階で,まだまだ研究初期の段階であると言っていました。

小保方さんの慎重な言いまわし

    後注)
    もう一つ新聞記者どもの評判が悪いのは,予定した座談会に,大きなニュースが飛び込むと
    新米記者は,全員そちらに駆けつけてしまい
    誰1人として座談会には来ないドタキャンがままあったこと。

    多くの事件を抱えて大変に忙しい中,予定を組んで出席したのに,である。

    大きなニュースが入ったとはいえ,かなり前から予定し約束した座談会に
    「誰1人として来ないというのは余りにも馬鹿にしているのではないか」
    しかもそもそも新米のくせに,ドタキャンするとは,
    との意見がよく出ていました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中