815 静岡新聞とNY大名誉教授 佐藤隆三は公平な論評で小保方擁護

学者村の中で小保方を擁護するのは,武田邦彦さんだけだと思っていたら
ニューヨーク大名誉教授 佐藤隆三は,実に公平な論評を加えています。

科学論文の発表や国際的な権威ある論文雑誌等のことは多くの国民は分からないから,有り難いですね。


今回裁判手続を通していないために,どうしても多勢に無勢の結論になってしまいました。

では裁判では,どうでしょうか

裁判所が判断する時も,公平な論評や学会や論文発表等のあり方等をきちんと説明できる人を鑑定人として採用するはずです。

難しい案件の場合は,科学判断の中身の鑑定よりも前に
一連の手続に関する調査も行われるはずです。

都合,合計二種二段階の裁判所による鑑定になることもあると思います。

    第一段階における鑑定人選任等の手続でも,
    その前段階として,原告と被告双方で,それぞれ,前記一連の手続について私的鑑定人を選任して,意見書を出して貰います。

    それで決着が付かなければ,公平な鑑定人を抽出します。
    その選任は,偏らないように,原告及び被告の双方の意見を出して貰います。

    鑑定人の公平性の有無等についての双方の代理人の意見を聴いて,裁判所は公平な論評のできる鑑定人を採用します。



安倍総理は,国際会議で繰り返し,暗に中国を念頭に,
「基本的人権や法の支配等の基本的価値観を共有できない国」と揶揄しました。

小保方さんを巡る理研のやり方はもちろん(マスコミにリークにリークを重ねた)
NHKの犯罪(監禁致傷及び監禁罪)や,毎日の執拗に永続する攻撃等々,
こうした人達がいるかぎり,日本は,中国を非難できるような国とは言えないかもしれませんね。

NHKと毎日,そして理研は,中国と仲良くしたいのかもしれませんが。
(理研の外国人研究者636人中中国人は141名)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中