803 テキサス親父:回転寿司ですら不正はない!でも加重規制が大好きな日本のお役人様

テキサス親父のビデオが秀逸でした。

「日本の回転寿司は,スゴイ善意のシステムだ」
「客が代金を誤魔化すために,食べた後の皿を回転レールの上に載せたりは決してしないはずだとの信頼関係で成り立っている,世界にも希な制度だ」
「米国なら絶対に監視員がいるはずだ」
と。

ところが,前回のとおり,お役人は,
こんなちゃんとした国民の上に,完全にあぐらを書いて
100万件に一件もないことを,大げさに空想して規制を次々と作る名人だね。

屋上屋を架す規制。


お役人が回転寿司を作ったら,
入店時に,身分証明をさせた上,前金で1万円を預かり,
不正があれば,1万円は全額没収する旨の誓約書を書かせ
食べる最中も1人ずつ監視員を置き,
仮に精算にミスがあっても,24時間以内に証明を持ってこないと請求出来ないとする。
ってな感じになるかもね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中