787 保険のほか,梱包費と配送費を分ければ,損害補償の心配なく,大型スピーカーも送れるはず

私はオールド,オーディオファンなので,
昔ながらの大型スピーカーを今も持っている。
・・・・最大のものは,1本H880×W650×D435(重さ45㎏)。
またネットオークションの取引状況の閲覧もする。

ただ,最近の気になる状況として,
なんとクロネコヤマトがスピーカーの配送を拒否!
家具配送の値段を払っても受け付けないそうだ。
しかし随分偉くなったものだ,クロネコは。(注)
元々が配送の素人集団として出発したから仕方ないのかしら。

っていうか,そもそも何故保険で対応できないのだろう?

更に問題なのはネットオークションの配送には,
実際クロネコが深く入り込んでおり,今や
配送業者を指定できないシステムに事実上なりつつあることだ。

    そのため,安易かつ怠惰な出品者と相俟って
    1 直接取りに来て下さいとかの「指定」をされていたり,
    2 クロネコの対応に便乗した業者に丸投げして
    家具配送の2倍以上の法外な値段を要求されたりすることが横行するようになった。
    要はピアノ運送並の値段を取られるのだ。

    もちろん,普通の大人1人では到底無理と言えるような物は別です。
    最大辺の長さが1メートルを超え,
    あるいは3辺の長さ合計が2メートルを超える場合で,
    それでいて重さ50㎏を超えるものならちと厳しいとは思います。
    ただ,普通の大人1人が多少引きずりながらでもある程度の距離なら持ち運べなくはないものを全面拒否するのは余りにも残念です。

    もちろん,「2階以上はエレベーターでもない限り,持って上がれません」
    というのは全く構わない話だ。
    「積み卸しには送り主,受取人の両方の各協力が必要です」も結構,
    むしろ当然のことだ。

日本は,転勤が避けて通れない国だからです。
私だって,裁判所時代は7,8回引っ越ししました。

それに伴い物流・配送量も当然多くなっていくのです。



【実は,クロネコ以外なら送ってくれる】
素人集団から始まった新規参入のクロネコはともかく
元からあった配送業者はプロの配送業者なので
実は,送ってくれます。

もちろん大人が引きずりながらでも持ち運べる程度
(50㎏未満,最大の1辺でも1メートル未満,合計で2メートル未満)
のものでしょうが。。

因みに,冒頭の,高さ880の物2本(荷物は3個口)は
約8000円でした(名鉄運送さん)。

そもそもクロネコが心配しているのは,事故の際の被害補償だ。
(後記のとおり,元々それを恐れている
宅配便の補償額はしばらくの間6000円しかなかった)

もちろん,他の配送業者もそれは心配のはずだが,
梱包さえしっかりしていれば,送ってくれる。
それは元々配送のプロ集団だからだ。

スピーカーでいえば,前面のユニットの保護と,
3辺の角の保護を重点的に行えば,普通は大丈夫だ。
段ボールは小さくても,繰り返し重ね,合わせれば大丈夫

    実は,この注意点さえクリアすれば,
    スピーカーは実は如何なる家具よりもはるかに頑丈な躯体として作られているのです。

そして最後の最外側の段ボールは,
手持ちの段ボール箱を切り開かずに,そのまま使用する
しかも特に保護したい方向について,その辺より長く突き出す
(昔のお奉行様の両肩からさらに左右に伸びた着物のように)



【クロネコでも対策はある】
クロネコでもできる対応策はある。

それは,保険を義務づけるほか,梱包費と,配送費を分けることだ。
(何故かクロネコは保険を嫌がる,
運送業社によっては1口50円というのもあるくらい。
保険会社に信頼がないのだろうか?)

なるほど,そこそこ大きいスピーカー等は,梱包もそれなりに大変だし
梱包資材も必要になることも多い。
プチプチ包装のロールのほか,
クッションとなるウレタン,場合によってはベニア板等。。

結局,どうしたらよいかというと,それは
配送費は普通の家具並みにして,
特別の部位の重点梱包のための経費を別途徴求すればよい。

そしたら,7~8000円の配送費に,梱包材料費等の3000円,
保険料数百円,合計1万円を超える程度で安心配送できる。



クロネコは,いまいち工夫が足りない(なお,注2)
漠然とした不安だけで拒否すべきではない。
保険や,梱包資材の購入費を別途徴求すればよい。

思うに,クロネコ参入のお陰で競争が生まれ,
国民の生活は便利にはなった側面はある反面,
ただそれで大きくなるや,自分達の都合を押し付けるようになったのは残念だ。

ネットオークションの事実上の支配とも相俟って,逆に不便を作り出した。

もう一度初心を思い出して欲しい。市場に初めて新規参入した時のことを。

    (注)クロネコがいまいち信頼が置けないのは
    1 相当前になるが,荷物が二度なくなったこと
     (ほかではあり得ない話だ)
    2 今は改善されたものの,昔は6000円の補償額しかなかった
     だから,私は紛失後,ほとんどをゆうパックに切り替えた
     ゆうパックは開始早々から30万円の補償額だった。
    3 転勤族だった私は,引っ越しをクロネコにお願いしたところ,
    バイトの人間が荷物を投げるように置いていかれたことがあった。
    それ以後安くてもクロネコは引っ越しには使わなくなった。
    4 最近もクロネコの集配所に荷物を預けに行ったところ,
     「壊れ物のシールを貼って下さいね」とシール貼りのお願いを念のためにしただけなのに,逆に「梱包はしっかりしているんでしょうね」と釘を刺された
     ・・・・お前に言われたくはないと言いたくなった。
     

    (注2)いずれにせよ,周辺の整備として
    保険をもっと活用して欲しいことと,
    運送人の負担を軽減するための,昇降等の機具等を社員に配備するか
    労組で共同購入して,使い回しをして,労力の負担軽減をして欲しい。

    クロネコのように拒絶だけは避けて欲しいので。。。

カテゴリー:損害賠償民事裁判

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中