747 子どもの代理人Part2 効果

以前,子どもの代理人のことを紹介しました(→193)

たとい親御さんから,沢山のお金を戴いた時でも
(もちろん,法テラスの格安の報酬であっても),
子どもの代理人として、活動しますということです。

子どもは,事件の主人公なのです。父親や母親という事件の当事者以上に当事者なのです。


ところで,そう宣言するのは一見簡単そうにみえます。

しかしなんと言っても,お金を出す人がやはり強いのです。
その方の強い強い意見に抗しきれる人はなかなか居ません。

ただ,そんな親の意見に左右されたら,子どもがかわいそうな場面も出てくるでしょう。
やはり弁護士は,「子どもの代理人」になることが必要です。
難しいですが。


当然のことですが,どんな親でも我が子を愛しています。
ですから,子どもの福祉や幸せのことを弁護士が開口一番で言ったとき,
依頼者たる親は,全く否定しません。大いに賛成してくれます。

    しかし,問題なのは,総論賛成各論反対の親が現に居ることです。

    子どもの福祉を弁護士が説明する趣旨とは,
    「子どもの利益と親御さんの利害が対立したときは,子どもを優先しますよ」です。
    他方,依頼の親は,場合によっては,実に,
    自分の思いが子どもの利益に完全に一致していると見ていたりするのです。



こうして,子どもの代理人たる弁護士と,親御さんとで,後になって
子どもの事件の処理等を巡って意見対立になったとき,どうなるでしょうか。

ここからはあくまでも私の試論になりますが,
少しヒントになるかなと思うのは,以下の弁護士の職務規定です。

    (受任後の利害対立)
    第42条 弁護士は,複数の依頼者があって,その相互間に利害の対立が生じるおそれのある事件を受任した後,依頼者相互間に現実に利害の対立が生じたときは・・・・辞任その他の事案に応じた適切な措置をとらなければならない。→注)

この複数の依頼者とは,現実に複数の依頼者から裁判提訴の依頼を受ける場合のほか,
依頼者は1人でも同人と密接関係に立つ支援者親族が関わる場合がこれに当たりうるそうです。

子どもの事件の場合,親は子どもの福祉に奉仕する義務者であり,子どもがその福祉の中身であって,子どもはまさに真の当事者です。
子どもさんが2人なら,親御さん1人の依頼者さんのほか,
もう2人の可愛らしい依頼者さんがいるのと一緒です。

もちろん,子どもの利益が一番ですから,その趣旨に適合する場合であって,
なおかつ,弁護士は,適切な時期を選んで,これを活用すべきです。

私なりに,代理人と親御さんの意見対立が考えられる場合とは,例えば
裁判官の調査命令を受けた調査官(子どもの専門家)の調査を,さしたる理由もなく拒絶し続ける場合とかでしょうか。

    要するに「私の意見が絶対だ」と言っているに近い場合は,
    子どもの利益とは違う側面が出てきていることも多いでしょう。
    弁護士は本来子どもの代理人たるべきなのですから,
    説得を続けた上で叶わなければ委任事務を終了するべきかもしれません。

    辞任されては,親御さんとて何かと困ることになるでしょう。
    それは承知の上で,実行に移すことでもって忠言を申し上げるということかもしれません。

    実は,家裁実務家に言わせると,
    子どもの事件で,試されているのは,子どもではなく,
    親御さんなのだということです。
    本当は,親こそが成長しなければならないのです。
    ・・・・理屈を言うのは簡単ですが。

私が思いつくのは,せいぜいそんな例だけです。

詳しくは元祖・本家「子どもの代理人」先生に聞いて下さい。



「私は子どもの代理人です」(親の言うことは場合によっては聞きませんよ)
と高らかに宣言するのは,カッコは良いですが,
実際問題としてなかなかできることではなく,本当に難しいです。

私は,弁護士になってから,つくづくそう思います。

逆にそれができる元祖先生は,本当に凄いと思います。

    注)その他職務規定では,
    4条(司法独立擁護義務)
    5条(信義誠実義務)
    も関係してくるかもしれません。

                    -byフローラ法律・岡崎 from 2013.3.24-

カテゴリー:家庭裁判所家事事件

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中