740 謝罪と賠償のない仏に5つのテロ計画!?-安倍総理「暴力的な過激主義を生み出さない社会を作る必要」

テロの危険は,今や世界中何処にでもある。
日本にももちろんある。
日本は仏へのテロに対しても一定の対策の協力したり,
国内法の整備もしなければならない。
原発へのテロが最も怖い。

ただただ,今回のシリア人によるテロは,どうだ?
むしろフランスだけをターゲットにしたものではないのか?
というのは,フランスだけ5つのテロ計画もあったというからだ。
ふつふつ

末尾の武田邦彦さんの虎の門ニュース(DHCシアター)によれば,
石油狙いで汚い外交や暴虐を尽くしていたという。

フランスは仏(ほとけ)ではなかったんですね。

日本のサヨクリベラルが,日本と中韓の関係に照らして言う言葉を踏まえて言えば,
要は,仏は「謝罪と賠償が足りなかった」のですね。

サヨクリベラルは,いつもの様に,フランスを非難した方がよいね。
これを70年してきた日本に言うんじゃなくてね。

そうした中,
その安倍総理の言葉が良かったですね。
「暴力的な過激主義を生み出さない社会を作る必要がある」
非暴力

ほぼほぼ無罪なのに,戦後謝罪と賠償,そして世界中に復興支援をしてきた日本ですから,説得力があると思うのは私だけだろうか。

    なお,フランスが自らの固有の原因もあるにもかかわらず,
    フランスはこのテロのことを,カミカゼと呼んでいるのだそうだ。

    日本の神風特攻隊は,民間人を狙ったりしていない。
    戦争を仕掛けたのは,経済全面封鎖をした米国である。

    フランスは,こうした供述態度からして,本当に反省が足りない。

    もちろん,テロはテロだ。
    でもフランスは,テロをさせない社会作り,なかんづく,思いやりの精神が必要だった。


フランスは,この後に及んでヨーロッパ全土でテロの危険があるとのたまう。
ばか2ふつ
フランスの責任転嫁ですね。
ちょうど意地悪ばかりする人に,被害者が反撃して殴った
すると,意地悪人「クラスの全員が殴られる危険があるよ」と。

まずお前が謝罪と賠償をせよ。

【【内藤正典】 必然的だったパリ同時多発テ◯ 強烈な差別と文化抑圧 】

なお,フランスの暴虐と悪意外交に触れない内藤教授に言わせても,シリア難民には,フランスはやはり全く人気がないのだそうだ。

【イスラム国出現の前から,銃乱射等のテロが繰り返されていたフランス】

(11分40秒から)
・・・・やっぱりフランスの独自問題?
【追補 武田先生の秀逸な解説その2】

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中