739 韓国の領土高権(国家主権)は38度線まで-北朝鮮拉致被害者救出に韓国の同意は不要

オモシロいブイを見つけました。

韓国の憲法では,領土主権の範囲が38度線までだと明記してあるというのです。
つまり,韓国の主権は、北朝鮮の領土等には及ばないのだと。

知りませんでした。かつ驚きでした。

この事実の帰結するところは,
仮に日本が北朝鮮と突っ込んだ話をしたり,
場合によっては,拉致被害者救出のために踏み込む時でも,
韓国政府の承諾は元来不要だということ。

    早い話,ある人Cが
    あるマンション建物内のAさんの居住区分に用事があるとき,
    お隣のBさんに声をかけてからA宅に訪問する必要はない。
    これと同じです。

    この理は,AとBが仮に元々実の兄弟であり,
    現にかつて一緒に住んでいたり,
    A宅とB宅同士でお互い頻繁に行き来していても同じです。

    さらに進んで,
    マンションのA宅から火が出て,中から幼子の泣き声がしているのを
    通りかかりの友人Dが発見,
    隣宅の兄弟Bには目もくれず,A宅のドアを蹴破って中に入り救出。
    ・・・・これも全然OKですね。

    しかもこの場合,Dは壊れたドアの弁償をさせられたり,
    器物損壊罪として警察に逮捕されることすらもない。

    また,凶悪犯人甲がA宅に押し入って子どもを人質に立てこもっている場合も同じ。
    踏み込むDは,隣人の兄弟Bの承諾は要らないし,
    A宅のドア等を壊してもやはり賠償責任や刑事罰は負わない。



ここからが本題ですが,
日本政府が,北朝鮮により拉致された日本人を救出するため,
やむにやまれず自衛隊や警察を送り込んだとする。

仮にこの問題を日本法である民法や刑法の議論になぞらえて言えば,
北朝鮮の領域内には国家主権が及んでいない韓国の同意は不要。
前記拉致被害者の救出のため,北朝鮮に入ることのほか,
入る際に北朝鮮のバリケード等を破壊しても,理論的には問題にならない。



国際法違反や憲法9条違反のおそれはないか?

青山繁晴さんや外務省の発表によれば,それも問題はないそうです。
しかも自国民救出ですので,憲法9条の問題ですらないそうです。
当たり前と言えば当たり前の話です。

    上のブイでなるほどと思ったのは,
    韓国と北朝鮮は元々1つの国,1つの民族だから,
    如何に拉致被害者救出という正当な目的があっても,
    北朝鮮に入ることにつき,韓国に気兼ねしてしまうことがあったのではないか。
    元々礼儀正しい日本人的な常識から言って。。。

    でも,そんな気兼ねは全く無用なのだと,はっきり分かりました。

もとより,だからといって,踏み込むのは実際は決して容易なことではない。
憲法9条の問題はないにせよ,結局北朝鮮と戦争が起こっても困る

しかし,韓国に気兼ねする必要がないことだけははっきりして良かった。

                    -byフローラ法律・岡崎 from 2013.3.24-

カテゴリー:刑事問題国際問題人権侵害

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中