712 パリ不戦条約は当然に自衛権を認める-自国が「自衛戦争だ」と言えばよい/「ブルータスお前もか」の読売社説

憲法学者が,口を閉ざして触れない歴史的事実です。
憲法9条を護りたいので,自然と不都合な歴史的事実を削除していくのでしょうか。

【2015年8月25日生放送ノーカット版】馬渕睦夫『外交虎の穴 日本をどう活かすか?~国家戦略としての外交~』

(特に8分37秒辺りから)

    馬渕先生は,読売新聞の社説ともあろうものが,
    満州事変につき日本がパリ不戦条約に違反するとの誤った見解を堂々と述べて
    日本を貶めていること
    を強く非難されています。

馬渕先生は,その上で,
パリ不戦条約(ケロッグ・ブリアン協定)がどういうものだったか,
自衛権を完全に各国に留保したものであったことについて詳しく解説されておられます。
またどういう人物がこれを提唱したか(ブリアン),
満州における日本の和平交渉について,ブリアンがどういう態度をとったか,についても。


 →以上はウィキペディアにもありました。
【以下,記事内容の引用】
条約批准に際し,アメリカは,自衛戦争は禁止されていないとの解釈を打ち出した。またイギリスとアメリカは,国境の外であっても,自国の利益にかかわることで軍事力を行使しても,それは侵略ではないとの留保を行った。

アメリカは自国の勢力圏とみなす中南米に関しては,この条約が適用されないと宣言した。アメリカは1927年にニカラグアへ内政干渉しており,その積極的な役割をヘンリー・スティムソン(のち国務長官)がおこなっていた。また1929年の大恐慌以降,30年から31年にかけて中南米20カ国で10回の革命が発生するなど現実的な事情を抱えていた。一方でこの長官は錦州および南満州問題に関する「スティムソン・ドクトリン」(1932年1月)において明示的にパリ不戦条約に言及し道義的勧告に訴えた。

世界中に植民地を有するイギリスは,国益にかかわる地域がどこなのかすらも明言しなかった。

国際法は相互主義を基本とするので,「侵略か自衛か」「どこが重要な地域であるのか」に関しては当事国が決めてよいのであり,当時の世界中の学者から,事実上の空文と評されていた。
例えば,日本を代表する国際法家の信夫淳平は,第三十三回学士院恩賜賞を受けた戦時国際法講義に次の辛辣な不戦条約評を引用している。
「ケロッグ氏の原提案は戦の無条件的抛棄であった。
然るに仏英両国の解釈の限定を受けたる結果として,本条約は最早や戦の抛棄を構成せざるものとなった。当事国各自が勝手に解釈し,勝手に裁定する所の自衛という戦は,本条約に依り総て認可せられる。これ等の例外及び留保の巾さを考うるに於ては,過去一百年間に於ける何れの戦も,また向後のそれとても,一つとしてその中に編入せられざるものありとは思えない。本条約は戦を抛棄するどころか,之を公々然と認可するものである。戦なるものは過去に於ては,適法でも違法でもなき一種の疾病と見られた。然るに今日は,この世界的の一条約に依り,事実総ての戦は公的承認の刻印を得たのである。本条約第一条の単なる抽象的の戦の放棄は,本条約に付随する解釈に依りて認可せられたる具体的の戦の前に最早や之を適用する余地は全然無いのである。」

信夫も不戦条約の解釈を分析した上で「自衛の果たして自衛なるやは,個人間の正当防衛が裁判所に依りて判定せらるるのとは異なり,戦を遂行する国自身が判定するのであるから,自衛戦を適法と認むる不戦条約の下にありては,殆ど全ての戦は適法の戦として公認せらるるのである。不戦条約は不戦どころか,大概の戦の遂行を適法のものとして裏書きするものである」と指摘し,不戦条約による戦争の違法化を否定した。

東京裁判でのパール判事曰く,
「国際生活において,自衛戦は禁止されていないばかりでなく,また各国とも,『自衛権がどんな行為を包含するか,またいつそれが行使されるかを自ら判断する特権』を保持するというこの単一の事実は,本官の意見では,この条約を法の範疇から除外するに十分である。ケロッグ氏が声明したように,自衛権は関係国の主権下にある領土の防衛だけに限られていなかったのである。」
「国際社会において,戦争は従来と同様に法の圏外にあって,その戦争のやり方だけが法の圏内に導入されてきたのである。パリ条約は法の範疇内には全然はいることなく,したがって一交戦国の法的立場,あるいは交戦状態より派生する法律的諸問題に関しては,なんらの変化をももたらさなかった」

                    -byフローラ法律・岡崎 from 2013.3.24-

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中