685 翁長国連NGO?人権演説 それでも中国侵略よりはまし? 日米地位協定も改善

政治家翁長が国連人権委,NGO演説?

NGOに該当しない政治家がNGOのための場で演説することは論外ですが,
ただ,毎日新聞によれば
翁長知事は「沖縄県内の基地は、第二次大戦後、米軍に強制接収されたもので、私たちが自ら望んで土地を提供したものではない」と説明。そのうえで、日本の国土の0.6%の沖縄に、在日米軍専用施設の74%が存在することや、米軍に関連する事件、事故などが続いている現状に触れて「自国民の自由、平等、人権、民主主義を守れない国が、世界の国々と価値観を共有できるのか」と訴えた。
と。


たしかに,沖縄が米兵の狼藉の被害に遭っているのは,以前から有名な話です。

    例の女児暴行事件で大規模抗議集会のあった後だと思いますが
    かつてニューズウィークでは,
    日本の刑事司法が,刑事捜査に弁護人を立ち合わせられない「後進性」の故に
    日本の刑事裁判に任せられないのだとの記事が大々的に載っていました。

    私はそんなの詭弁だよとは思いましたが,
    弁護人選任権は,黙秘権以上に重要な権利といわれているくらいなので,
    不満でしたが,仕方が無いのかと思いました。

ただ,あれからかなり時が経っているので沖縄の人権状況を調べていました。

外務省のQ&Aによれば,
米兵犯人引渡については改善されているのですね。
 →日米地位協定Q&A
Q&A

こう言うと,「こんな程度で良いと思っているのか!」と言われるでしょう。
申し訳ありません。
沖縄はやはり犠牲が大きく大変だと思います。

ただ,それでも,日本政府なればこそ,様々な手当や支援等があります。
(それで十分とは思わないですが)


これに対し,中国共産党が侵略してきたらどうなるでしょうか

米兵の狼藉程度で済むでしょうか?
米兵犯罪は,あくまで米兵個人の犯罪です。米国という国家が推奨したことはありません。

これに対し,中国共産党の人民解放軍の侵攻があったら,どうなるでしょうか。

米兵の個人犯罪(これとて少なくはないかもしれませんが)の比でしょうか。

中国共産党の侵攻の場合,
今日本政府がしているような沖縄支援はあるでしょうか
(日本政府の支援が多いか少ないかはひとまず置きます。)。

日米の場合なら,曲がりなりにも,支援等や地位協定等は今後も改善されていく余地はあるのではないでしょうか。
中国共産党の場合はどうでしょうか?



語弊があるかとは思います。
沖縄の人達には申し訳ないとは思いますが,口幅ったいことを言わさせていただきました。
申し訳ありません。

ただ,今後も引き続き,日米政府間で沖縄の方々の意見を聴きながら,改善に次ぐ改善を重ねて欲しいと思います(中国共産党ではできないことです。)

    注)国連人権委は,北朝鮮拉致問題も議論されたそうです。
    こちらの人権侵害も,国レベルの人権侵害です。
    米兵個人の犯罪とはやはり違います。
    (被害者にとっては,国家犯罪も個人犯罪も一緒ですが)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中