654 中国共産党は世界三大宗教の信教の自由を否定・・・・神道・靖国神社だけではない。

共産主義,中でも中国共産党は,靖国神社のみならず,
世界何十億人が心の支えとしている三大宗教を全部否定しているんですね。

まあ,マルクスは,宗教をアヘンだと言うけどね。

チベット侵攻は,仏教の弾圧
ウィグル弾圧は,イスラム教の弾圧
そして,以下のブイでは,キリスト教も弾圧していると。

一体,世界何十億人を敵に回しているのかね。

狡猾なのは,日本の敗戦責任に結びつけて,
靖国神社を宗教施設だとして,大バッシングしていること。

これまで,東京裁判を前提として,靖国神社を非難することは出来たかもしれない。
格好のターゲットだったかもしれない。


しかし,中国共産党は,世界の全宗教を,全ての人の信仰の自由を否定しているんだ。

中国共産党ばかりではない。ソ連共産党もだ。

日本共産党もそうかもしれない。その憲法改正案を見て欲しい。
日本共産黨の日本人民共和國憲法(草案)(マーカーは私が付与)
  (引用元)http://www.ndl.go.jp/constitution/shiryo/02/119/119tx.html

    第10条 人民に信仰と良心の自由を保障するため宗教と国家、宗教と学校は分離され、宗教的礼拝、布教の自由とともに反宗教的宣伝の自由もまた保障される。

    要するに,国家が宗教の反対宣言を大宣伝できるとの規定です。
    しかも国が宣伝するのですから,予算を使いまくれます。
    例えば全ての公立学校に,宗教はアヘンだとの指導要領を出せます。

    国の方針に反するキリスト教徒は内申点を引き下げることもなんだかんだできるかも。
    (憲法上は本来許されないかですが)
    「信教の自由は結構だけど,でも共産党が直営する高校・大学に行く場合には別,内申点は下げるよ」とか。



いっておくが,信教の自由の保障のないところに,思想信条の自由があるはずがないことだ。

同様に,学問の自由があるか,あるはずがない。

    現に,つい最近のニュースでも,中国の孔子学園は,
    今や米国やカナダでやり玉に挙がっているじゃないですか。
    自由な学問を制約していると。

表現の自由があるか,あるはずがない。
  天安門事件,雨傘革命鎮圧を見て下さい。

これら精神的自由は,実は,皆つながっているんだ。
信教の自由の保障のない共産主義の下で,他の精神的自由は保障されないんだ。



そもそも他人の財産や幸せ等に対する妬みを根本とする共産主義が,
世界中の心を魅了したりすることなんぞ,およそあり得ない。

人は美しくない精神には惹かれない。
一時の誤りはともかく,永久に惹かれ続けることはない。

                    -byフローラ法律・岡崎 from 2013.3.24-

カテゴリー:憲法問題戦争責任人権侵害

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中