653 朝日グレンデール訴訟/仲違いを画策するヤカラが最も悪い

朝日関連訴訟が始まっています。

韓国の歴史認識や学校教育,誹謗中傷は許せませんが,
しかしそもそも焚き付けた人が最も悪いのではないか。

誰だって、そんな教育を受ければ,反日になるでしょう。
そもそもその教育等を企画して推進した政治勢力や国はどこでしょう。
そうした反日教育等を煽った日本の新聞社はどこだ。

    例えば,とあるクラスメート同士AとBが仲良くしている中,
    他の生徒や,近所の人,そして先生等が,
    Aの悪口や,家柄,親戚の罪等を暴露したら,
    否,嘘のデマを言いふらしたら,
    BはAを嫌い出し,仲良く出来なくなってしまうかもしれません。

    こんなの当然じゃないですか。
    Aは,デマを信じたBを恨み,
    Bは,Aは自分をだましていたとして,お互い反目して,
    とうとう大喧嘩になります。

    しかもこの種の仲違いは,嘘を喧伝されたAだけでなく,
    それを信じ込まされたBにとっても不利益なことです。



このように,悪いのは,当事者のAでもBでもないのです。
煽った,嘘を言ったさもしいヤカラが一番悪いのです。

これを中国の歴史に習うと「離間の計」(奸計)と言うそうです。


日米は,歴史的には,開国の前から,双方の漁師の間で結構なおつきあいもあり,それなりに信頼はあったようです。
第二次世界大戦前のころまでは。

ところが,世界恐慌のころのルーズベルト大統領が日本憎しの対応をしたのです。,
それがなければ,2国は問題は無かったのです。

しかし彼が悪いというより,
当時の米国政府はソ連のコミンテルンが数百人規模で入り込んでいました。

そして日本にも,です。

そうしたソ連コミンテルンのたき付けで,日米開戦に至ったのです。

    案の定,日本が敗戦するや否や,途端にソ連が侵攻してきました。
    何とポツダム宣言受諾通知後にです。
    しかも9月初めのミズーリ号での調印式の後にも侵攻した卑怯者です。



日韓を離間させたのは,同じく共産党体制の中国と言われています。
日米を離間させるために,小手調べに始めたようです。
反日工作費1兆円も使っているそうです。

おまけに、元々あった日中同士の信頼まで破壊,離間させてしまいました。

    戦後70年安倍談話にもあったですが,
    戦後中国の草の根の人達は,現地で難民化した日本人に親切で,
    赤ん坊は我が子同然に育ててくれたとのことです。

    だから感謝すると安倍総理は述べたのです。

どうしてこうソ連共産党とか,中国共産党はよこしまなのでしょう。
もちろん,朝日を初めとする日本の反日メディアも同罪です。

「他人の財産なんてどんどん剥奪せよ」と,
しかも金持ちならば全て悪いやつと決めつける。
例外なく奪い取れと,流血革命だと,真顔でこれを言う人達だからでしょうか。
まるで強盗狼藉のヤカラじゃないですか,それでは。。

ただ他人の財産が妬ましいだけじゃないですか。

    妬みの感情は,人間の精神活動の中も最もいやしいものの1つ。
    他人の足を引っ張るとかも。
    これを正当化して制度化するだなんて,元々が狂気の沙汰かもしれない。

    だから,結局,政権取得後,汚職と粛清,そして隣国への侵攻を繰り返すだけに成り下がっている。



日本の共産党がこうでなければよいのですが。


追記:憲法学者は,憲法典や憲法9条の解釈を解して誤った歴史観等を教え続けたのも,大問題ですよね。

参考:→コミンテルンが歪めた憲法の天皇条項
http://ironna.jp/article/1925
http://ironna.jp/article/1925?p=2
http://ironna.jp/article/1925?p=3

                    -byフローラ法律・岡崎 from 2013.3.24-

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中