634 憲法9条2項論,侵略されれば日本語が奪われる 『月曜物語~最後の授業』

高校時代に世界史学習中に知った
『月曜物語~最後の授業』という物語があります。

長い独仏戦争の中で,国境地帯のアルザスロレーヌ地方は,
それこそ奪ったり奪われたりが繰り返された。

そんな中,フランスの学校教師が涙ながらに生徒に言うのです。
「明日から,フランス語の授業が出来なくなります。」
仏が独に敗北して,その学校のある地域が独に奪われたからです。

月曜
中国等の独裁国家に侵略されたら,日本語は・・・・。

殺すよりも殺されようという,国会デモの方々は,
こういうことを理解しているのでしょうか。

「明日から,日本語は禁止です。中国語だけを話して下さい。
日本人同士で日本語を話すと,人民解放軍が逮捕連行します。」

    実際今の法治国家・日本でも,警察の留置場では
    外国人被疑者被告人は,外部の面会があった際にも
    「日本語でないと話してはいけません」
    と言われます。
    手紙も日本語(ローマ字)でないと許されません。

    日本の警察に分からない言葉を使うことによる
    犯人と外部との通謀や証拠隠滅を恐れているわけですよね。

ですから,日本語の抹殺は,嘘でも何でもないです。
侵略されれば当たり前のことです。


【他国からの侵略で日本人が被る人権侵害】
侵略されれば,植民地化されて,奴隷になること,
重い足かせ等を身体に付けられるのは当然ですし,
腕力等のある方は手足を切り刻まれたりするでしょう。反抗させないためにです。
日本語抹殺もその一環です。

    他国の植民地になれば言葉を奪われ,日々ムチで打たれる,
    食事もひもじく,朝から晩まで労働
    タコ部屋に大勢押し込められ,お風呂等の衛生は配慮しない。
    奴隷になんぞ,金はびた一文かけない。
    (日教組が今中国共産党を応援しても,侵略後はむしろ真っ先に虐殺!?)

とある憲法学者曰く,「戦争は最大の人権侵害だ」と,
しかし,他国に侵略されてしまえば,日本人の人権は完全に喪失する。
2675年も続いた日本語までも。
そもそも日本国憲法なんて,即刻破棄だ。



『殺すよりも殺されよう』は,如何にも尊いスローガンかのようですが,
侵略を受けた姿というものをしっかりと検討想定出来ているのでしょうか。

参考:
英語化は愚民化 日本の国力が地に落ちる (集英社新書)

                    -byフローラ法律・岡崎 from 2013.3.24-

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中