611 法整備比較~セクハラ対策≦いじめ対策を!!日教組は「教え子をいじめで死なせるな」を旗頭に

最近,ふと斎藤一人さんの音声のYouTubeを聴きました。
もう何年振りか。。

ただあの人も,弁護士同様,商売人だから,
きれい事ばかりでないことも,ないではない。

良いこと言うなと思うことはあるけど,私ら弁護士からは,
実際,えっ?と思う事を言われることもありました。

    別のYouTubeでは,斎藤一人さんと誰かの2人か3人かでロレックスの時計をしきりに勧めているのもあって,
    しかも途中小声で「安く手に入るルートもあるから」という声も入っていたのを聴いたので一体この人は何なんだと思ったのもあります。

    中々ちょっと善意には聞こえないし,仮に心底善意でもこれはやめた方がよいかもしれない。
    特殊な方に特殊なことを薦めたのであれば,一般的に公開するべきではないかも。

    どうせこれを言うなら,弁護士とかの士業の方に言った方がよいかもしれませんね。
    (実は,弁護士に対する講話だったりして??)

どんなことでもそうですが,弁護士でも,政治家の話でも,鵜呑みや100%の信用はいけません。
学校の先生や憲法学者も同じです。


前置きはさておき,ただ最近聴いた中で痛く感心したのは,
齋藤一人さんによれば,政治家に問われて,
政治家に期待することを述べたというものでした。

「セクハラ対策より,子どものいじめをなくして欲しい」

言い方は面白おかしくしているけれども,中身はとても良い。
(セクハラを多少低く見積もり過ぎている嫌いはあるけれども)

    「学校に入学・進学してたまたま隣に座った子がいじめっ子だっただけなんだよね」

    「セクハラ?,○○触られるくらいで何だ!-ここはジョークでしょう-

    「いじめは,現に水に沈められて殺されそうになったりするんだよね」
    「実は犯罪が行われているんだよね」

言われるとおり,確かに,
セクハラは,今や労働者団体の支援や法規制等や労基署の監督指導も有り,
それを受けての弁護士の訴訟対応等により,なんとか一筋二筋の光が見えている。
もちろん完全じゃないが,随分相談し易い環境が整備されている。

しかし,いじめはどうだ。
学校の先生や教育委員会の事なかれ主義等や防衛体制のために,全然対策が進んでいない。
セクハラは労働者が被害者だから,職場組合等の支援があるが,
子どものいじめは,孤立無援・四面楚歌,
たった一人で全員による悪意等と対峙して,心を急激にすり減らしていく。

労基署みたいな強制立入り調査権限のある役所は存在しない。
学校は元々警察権力への協力を嫌う。学問の自由だとか,ふざけたことを理由にして。
もちろん,弁護士も嫌う。

今時そこら中にある街の監視カメラ等もないのではないか
(ここも人権問題を盾にして?
日教組が猛反対するのは見え見えでしょう)。

セクハラ対策との比較で言えば,全く手つかずと言ってよいかもしれない。
法整備は著しく遅れている。斎藤一人さんの言うとおりだ。




ところで,平和安全法制で国会を取り巻いた反対デモ
のべ10万人?,実数僅か5000人!
そのデモには,日教組とかの教職員組合の方が多く参加していたんだと。

しかしその方達は,安倍総理一人を悪者にして,つるし上げようとしているのが,大変に気になりました。
平和安全法制は,選挙で勝ち抜いた自民,公明の過半数の議員により推し進められている法案です。少ないながら次世代の党も賛成票を投じました。

にもかかわらず,安倍総理一人を悪者にするのは,いじめと一緒では?

教職員組合がこんなことで,学校からいじめがなくなるとは思いません。
この方達では無理なのではないか。

    「教え子を戦場送るな」を否定はしないが,
    せめて,その直下に,「教え子をいじめで死なせるな」
    というスローガンを掲げて欲しい。

私はこう言う形で徒党を組んで一人を責めるやり方は,いじめを見るようで,好きではありません。
(嘘や捏造,レトリックが混じっていれば,やはりいじめと一緒です。)

                    -byフローラ法律・岡崎 from 2013.3.24-

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中