608 集団的自衛権賛成だった民主党!?(でも対案を出さず)

国会審議での民主党の対応は酷かった。

でも,かつてこんな議論を,民主党はしていたんだと。
ミンス

また,2005年の民主党「憲法提言」では,
「憲法に何らかの形で、国連が主導する集団安全保障活動への参加を位置づけ、曖昧で恣意的な解釈を排除し、明確な規定を設ける。」

「現状において国連集団安全保障活動の一環として展開されている国連多国籍軍の活動や国連平和維持活動(PKO)への参加を可能にする。それらは、その活動の範囲内においては集団安全保障活動としての武力の行使をも含む・・・・」
と明記している。

    なお,言うまでもないが,国際連合とは戦勝国連合のこと。



これなら,ちゃんと,維新以上に,維新よりも前に対案を出して,議論しないと。

国民に分かりやすく説明せよというが,
それは,政府与党(自民公明)だけが負うのではない。
(まして安倍総理や防衛大臣だけではない。)

野党も,論点を適切に提示して,問題のありかを適切に国民に知らせなければならない。

こうした公約違反の,国会軽視,民主的議論の軽視する政党,
国民に具体的な問題点や争点のありかを明示しない政党は,民主主義の敵だ。
早く日本から亡くなって欲しい。

再掲載:田中耕太郎最高裁長官の補足意見(砂川判決)

追記:9月14日の佐藤自民党議員による質疑

                    -byフローラ法律・岡崎 from 2013.3.24-

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中