584 安保法制~「殺すより殺されよう」でなく「植民地奴隷」になってよいかどうか

ツイッターの#護憲派が何を言っているかわからない件
で大いに揶揄されている,
「武器を持って殺すよりも黙って殺されよう」
という平和スローガンを掲げる方がうんといるそうな。
殺害
しかし例の中国の故事成語ですら「苛政は虎よりも猛なり」
と言います。
命を奪うトラよりも,苛酷な政治,侵略政治の方が怖いといえるのです。

スローガンの言葉を前提とすれば,
平和を祈って即死するのなら,それは激しく辛いことですが
もしかしたらその時点で終わることかもしれない。

ても,他国に侵略されたら,殺される人も勿論沢山いるが,
大多数の方々は奴隷になり下がるんだ。人間ではなくなるんだ。
とことん利用されて捨てられるんだ。

    何年何十年にわたって殴る蹴る,身体の一部を切り刻む等
    の拷問に晒されたらどうなんでしょう。

    自分が鎖につながれて拷問されている脇で,
    可愛い娘が次々に蹂躙されているのを見せられたり・・・・。

    むごいことに,奴隷として働かせるのだから,
    いくら拷問しても殺しまではしないことも当然ある。



パラドックスなのだが,
「死を選ぶより生き抜く方が大変」というのは,ここでもあてはまるといえるのかもしれない。
(実は自殺の理由も,病気や借金などで生きるのが辛いからだという)

食うや食わずで,早朝から夜遅くまで強制労働させられて,
親も兄弟も息子娘も挙げ句に皆過労死,
墓も作ってもらえない,
だなんて,私はまっぴらごめんだなあ。

                    -byフローラ法律・岡崎 from 2013.3.24-

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中