564 日教組,白人によるアジア植民地化は「進出」で,その白人と戦った日本軍が「侵略」と教えるな

武田邦彦先生の歴史解説がスゴイ

これは本当によいビデオです。


教授曰く,
「小中学の歴史授業を聞いていると,日本のアジアへの『侵略』という言葉は1時間の授業中に何十回も出てくる。
これに対し,白人のアジア植民地化と人民弾圧については,『進出』と綺麗な言葉で述べ,さも良かったことのように教えている。」
「とんでもない間違った教育だ」

「日本は,白人に植民地化されたアジア諸国を,その白人と戦って解放した。
アジア諸国の人達とは何ら戦っていない。
だからこそ,戦後白人の植民地からの独立を果たしたアジア諸国には感謝されている。またバンドン会議でも感謝ばかりだった。」

「ところが,中韓だけは,白人の侵攻を諾々と受け入れ,
いわば白人の側に付いてしまっていた。
中国は,清王朝が,自らの生き残りのため,周辺土地を全部割譲したし,
白人の他のアジア諸国の植民地支配の手助けまでした。
朝鮮は,ロシアが,半島まで鉄道を敷くことを快諾した。」

「アジア諸国が日本を感謝しているのに,
中韓だけが日本を非難するのは,白人側に付いていたからだ。
その名残で,今も,日本の抵抗等を快く思わない白人側の思想で,非難してくるんだ。

「日本は,アジア諸国とは戦っていない,
戦ったのは,あくまでアジアを植民地化した白人達とだ。」

「白人のやり方は非人道的でまさに鬼畜のような支配だった。
その白人達と戦い,アジア諸国を開放したんだ。」
「大東亜共栄圏とは,このような正しい実態があるんだ。」

「だから,学校の先生が日本の行為は『侵略』戦争で,
白人の醜悪な植民地支配が『進出』だときれいに言い換えるのは,大変な誤りだ。」


解説は一切しませんので,是非拝聴して下さい。
(お時間のない方は,YouTube設定画面で1.5倍速で聞かれるとよいかと思います。)

                    -byフローラ法律・岡崎 from 2013.3.24-

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中