532 受刑者 本の差入れ

若くして道を誤ってしまって,刑務所に行った人のことですが,
何故かウマが合うので,私は,書籍を送ったりしています。

直接刑務所に持参して差し入れをしなくとも,エクスパック等で差入れが可能です。

    本人も読書が実は案外好きなようだし。
    元々兄弟や親戚一族は,高学歴の方ばかりなので,
    本人のポテンシャルも本当は高いはずです。

今は,消灯がやたら早いとは言え,
落ち着いて読書をする時間は,喧騒な娑婆にいる時によりも遙かにあるので,貪り読んでいるようです。



本人は,道を誤って何年間も無為徒食をしていたので
せっかくの能力資質があっても,空白期間ができてしまっている。
例えば,兄弟のように高校でもちゃんと勉強して大学に入る場合,
受験という狭い狭い勉強方法・内容ではあれ,知識や世界を押し広げることにはなっている。
商業高校工業高校でも,ちゃんと通えば,実務に直結する専門知識を学ぶことができる。

しかし道を外して目標のない無為徒食状態が続くと,ゼロの空白地帯を作ってしまう。


だから,時々寄越してくれる彼の手紙によれば,
「もしあのアホな状態のまま,捕まらずに生きていたらどうなってしまったか」
「今こうして読書ができ,視野や世界を広げることができるのは有り難い」と。

私に対するよそ行きの言葉という側面もあるでしょうが,
実際の空白の何年間を省みた正直な感想の要素も大きいと見ています。


ですから,受刑者だからと見下さずに,
もし読書が嫌いではない人であれば,
自分が感銘を受けた選りすぐりの書籍を送ってあげたらよいかと思います。
(やはり自分が何度でも読んでいるような本がやはりよいと思います。押し付けにはなりにくいと思います。)

刑務所内では,高々10頁読んでくれただけも,いずれどこかで全部読むことになることもあります。


私は本来良い書籍は良い食事と似ていると思います。
良質な食材による良い食事と,良い読書,
前者は肉体の滋養強壮,後者は精神の滋養強壮

あたかも良い食事のように,良い本は本来誰でも読むべきです。

    例えば自分の子どもについて,未だ小さいからと言って,良質の食材による料理を食べるのが未だ早いとは言わないはずです。
    食べる・食べさせるのは,それが良い食べ物だからです。

    読書も本来全く一緒です。
    しかし読書については「お前には無駄だ」とか嫌みを言う方が多いのです。

大事なことは,良い食材だから食べる,良い本だから読むのであって,
食べる側,読む側の事情,例えば健康不健康,能力資質・学歴・身分・貧富等の事情によって左右されるものではないのです。
早い話,例えば貧しいという問題があるなら,図書館で借りて読めば良いだけのことです。

もし唯一読書に障害があるとすれば,それは人の人生には限りがあることだけです。
如何に良い本でも,時間をかけないと読めない本はあります。

    今更当然すぎることですが
    貧乏の家柄だから良い本を読んではいけないとかはない。

    受刑者だから、良質の本を読んではいけないということはない。



実は,私の実家は貧しく
(両親は長く先代の借金の返済に追われていました),
独学で大学に進み,かつバイトしながら司法試験を受けました。
両方の受験とも,最もお金の掛からない方法で勉強しました。
塾や予備校に通う経済的余裕がなかったからです。

むしろ受刑者の彼の方が実家の経済力はずっと上です。
でも道を外したために,経済力を活かせなかった。

私は,幸運にも良い本を読み,良い勉強をする機会に出会えたのかもしれない。

でも,実は,良い本は世の中に溢れているのです。
彼も,そこに気づいたようです。

読書を通じ,世界観を広げるとともに
自分でも勉強をしていける,伸びていけると分かれば,それが何よりです。

    他人を恨めしく思い,世間に攻撃を仕掛ける等の気持ちも自ずと遠のくと思います。

    空虚でステレオタイプの所謂二極対立構造をやたらに演出,
    つまり,被害者と加害者とを峻別,
    自分は虐げられているとの被害感情をもって,相手を加害者に見たてて叩く意識も生まれにくくなるでしょう。

先哲は言いました。
お金や財宝は,使えばなくなるし,盗難や災害等に遭えば失われる。
「泥棒にも取られない,水にも流されず,火にも焼かれない本当の知恵を学べ」と。

                    -byフローラ法律・岡崎 from 2013.3.24-

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中