508 日本企業の中国離れ加速「苛政は虎よりも猛なり」

→「日本を呼び戻せ」中国の動き活発に(Newsモーニングサテライト)

日本企業の投資激減に慌てている中国共産党

でも中国の立派な故事成語に,「苛政は虎よりも猛なり」があるじゃない。
そんなことが分からないとは。

    もっとも,中国共産党は,文化大革命で
    歴史や伝統は,8000万人の人民粛正とともにたたき壊して
    新しい文化(=共産党独裁絶対主義の文化)」を創ったのだから
    (だから文化の大革命),
    この故事成語を忘れてもしかたないのかもね



企業機密はだだ漏れ・盗まれまくり,
著作権侵害は,無限大,
日本企業の退散出国制限や財産没収の法律
(戦争が起これば軍費調達のための没収も頻発するでしょう)
日常茶飯事で起こる人民暴動と,とばっちりとしての日本企業の破壊活動

支社が中国進出した場合,これが人質(社質)にされて,日本の本社まで大打撃を被るかもしれない。

サイバーテロの脅威が余りにも高い。

おまけに官製ハニートラップ(中共版美人局)により,
日本の個人・要人が中共に未来永劫脅されまくるシステムもある。

    これでは,中国の人民達を好きな人でも,
    企業進出はできんでしょう。

    まさしく,中国共産党の中国は,
    安倍さんをして3か所の世界的会議等で毎回いわしめた,
    「法の支配のない国」です。



前掲故事成語によれば
「ここにはどう猛なトラがいて,住民が幾度も被害に遭っています。
なのに,どうして,この土地を離れて,トラのいない隣国に行かないのですか」

「確かにトラは怖いです。命は惜しいです。
でも,隣国では,圧政により,住民が酷く苦しめられています。
そのような苛政の国には移り住むことはできません。
どう猛なトラがいてもこの国に住む方がよほどましなのです。」

これは高校一年の時,漢文の教科書にあった故事成語です。

追記:
中国共産党政府は世界で最も多く記者を身柄拘束している

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中