485 炎上商法? テレビ放送コードと「ラッスンゴレライ」

ラッスンゴレライは,別にノリがよいとか,聞いていて楽しいわけではないし
少なくとも面白みは全然ない。
オリラジの武勇伝のパターンやリズムに近いが,
オリラジのように,ネタでクスッと笑うところが一切ない。
オチがそもそも全くない。

これとても表現の自由?

でも,余りに醜悪すぎません?
良識ある日本人,中でも広島県民はかんかんに怒るでしょう。


おかしいなと思うのは,
一方では,あれだけ放送コードや自主規制が厳しい日本のテレビ放送界なのだ。
なのに,こんな醜悪ネタ,心情を害する表現を堂々と放映するのって,不公平でおかしいよね。
例えば,テレビ局は,「め○ら」とか「つ○ぼ」とか「片○落ち」が差別用語だというので,
座頭市の映画等はテレビ放映ができなくなっているというじゃない。

マスコミは,一方では,ヘイトスピーチ規制を大いに呼びかけつつ,
他方では,原爆,キノコ雲,ピカドン,「もう1回原爆落とすぞ」
と言わんばかりの醜悪ギャグのコンビを盛り立てる。

マスコミの対応は余りにもちぐはぐですよね。

    どうせ,中韓の歴史認識が通らなくなり,
    特に教科書まで日本政府の見解を採用するに至ったから
    中韓がテレビや業界に入れ慈恵して送り込んだんでしょ。
    ・・・・子ども達が,教科書の代わりに自然と口ずさむように。



私は,せいぜい炎上商法と善解して受け止めています。,
さもなくば,朴槿恵の告げ口外交のような,
逆効果表現として,有効なのではないかと思っています。

    「落寸号令雷」
    Lesson Go Re Light
    Lesson Go ReTry
    B29の名称「ちょっと待って」

    戦後生まれの人間は,知らなかったことも実は多い。
    それを醜悪なやり方ではあるが,知らせてくれた,と見れば,最低限は許せるか???
    ・・・・心情的には到底許せないが。。。



もっとも,日本は表現の自由が憲法で保障されているわけだから,
ラッスンゴレライに対しても,表現の自粛を求めるのではなく,
大いに反駁反論,議論,話題にするようにするのが本来的だし,大人だよね。

    また,その意味で,ヘイトスピーチ規制法には消極的で,
    既存の刑法や民事訴訟法を使うべきなんじゃないかと思う。
    裁判で決着を付けるのが,法の支配の国の姿だ。
    (韓国中国は,法の支配の真髄の理解を『共有していない』かもしれないが。)

                    -byフローラ法律・岡崎 from 2013.3.24-

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中