471 住所を変更しても追いかけてくるサラ金業者と時効

サラ金は,平成10年代の相次ぐ最高裁判例で,貸金業法の解釈が厳格化され,その結果過払い金訴訟が全国で爆発しました。

最初のうちは,500万円600万円と面白いように過払い金の返還がされました。
が,結局サラ金業者はばたばたと倒れ,終いには貸金業法の法改正がされました。

もう少し遡ると,サラ金業者は,バブル崩壊以降
自動貸付機で,毎年二桁増益をしていました。
そしてそれに呼応して,全国の裁判所の破産事件が24万件まで急増したのでした。

    過払い金返還の訴訟は,サラ金業者の利ざやを奪うとともに,破産事件も減らしました。

    元はと言えば,過払い金返還に道を開いた最高裁は,実は昭和40年ころに画期的な大法廷判決を出しているのです。
    民法学者は,我妻栄を除いて,皆大絶賛の嵐でした。
    ところが,それをあざ笑う天下の悪法と呼ばれた貸金業法制定があり,
    これを平成10年代に,最高裁が再び昭和40年判決レベルに引き戻しただけなのでした。



こうして時代は移り変わり,貸金業者は弱気!?になった?のでしょうか。

時々相談を受けるのに,
①住所を変わるごとに,サラ金業者からの催促が来るのだと。
②ただし,そのサラ金は,元金だけ支払って欲しいと言っている。
③しかも訴訟提起は全然してこない。
というのがあります。

弁護士からみれば,実に不思議な対応です。


そもそもまず,前記①はどうしてそれができるのか。

それは,サラ金業者は,住民票の異動等を見ることができること,
例えば,岡崎市のHPから拾ったものを見て下さい。↓
 →第三者による住民票の請求について

これによれば,貸金があるのに,借り主が返還せず,かつ行方が知れなくなった等の事情を市役所に明らかにすれば,何処に転居したかを知ることができるわけ。
別に探偵を雇っているわけでも,勤務先の会社が情報を漏えいしているわけでもないようです。


ところが,そこまで追いかけてくるなら,むしろなぜ訴訟を提起してこないのでしょうか。
住所が分かれば訴訟は直ぐにでもできるのです。

しかもなぜ,元本だけでよいということさえあるのでしょう。

これらは,貸金業者が前記の最高裁判決等の流れを受けて弱気になっているからでしょうか。


私は,サラ金業者が清算段階等に入っており,弁護士が回収をしている等は格別,
その段階に至らないサラ金業者は,時効に掛かっている例が多いかと思います。

少なくとも私のかつての経験では,あれほど強気だったサラ金業者が,訴えを提起しないとか,元本だけでよいということが信じられないわけです。
(ただ,昔とは事情が変わっているかもしれない点は前記のとおり。)

だから,私の直感は,時効かなと。
時効は,訴訟を提起することはできても,借り主がこれを主張すると,請求棄却になる。
そうなると,提訴が無駄になるので,その危険のある事例は,催促の繰り返しになるわけ。

まあ,根比べのようなところもある。
すなわち,転居しても追っかけてくるサラ金に借り主が嫌気が差して1円でも支払ってしまうと時効が飛ぶため,それをサラ金業者は目指している可能性もある。

絶対そうだと断定はできませんが。


こうした疑いがある場合には,まずは貸金の全ての履歴を取り寄せてみるべきです。

なんなら,転居予定の少し前に請求しても良い。
それで,じっくり検討するのです。

弁護士のところに相談に行きましょう。
なお,時効は法律上の主張ですので,気兼ねは無用です。
(例えば,自己破産手続をしている場合,もし時効に掛かっている借金がある場合には,むしろ破産裁判所や管財人が時効を主張せよと言ってくることだってあり得ます。)



最後に,支払請求書の中に「示談契約あり」などと書いてあるものもあります。
しかし借り主に聞くと,調停や裁判があったわけでもなく,あるいは私的な示談契約書に署名した記憶もないということがあります。

この場合,借り主の記憶違いもありえますが,念のため貸付け返済の全部の履歴に加えて,「示談契約」の内容やその手続がなされた状況を問い合わせておくのが良いでしょう。

電話する際は,奧さん等に協力を仰ぎ,事前によく練習して,電話口で余計なことはしゃべらないように注意しましょう。

                    -byフローラ法律・岡崎 from 2013.3.24-

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中