400 一宮市教委のもう一つの問題。日教組の活動は規制しているか

愛知県一宮市の中学校校長による,
建国記念日にちなんだ,正しい方向性を持つブログが
市教委如きに,言論封殺されたのは残念でした。


ところで,市教委は,校長の言論活動を規制する一方で,
日教組による偏向教育のチェックをきちんとしているのでしょうか。

そうでなければ,余りにも対応がちぐはぐであり,
偏頗で公平性に欠けるのでして,
それ自体,今回の言論封殺の問題性を一層際立たせるといえます。


最高裁判決のとおり,そもそも日教組に教育の自由はありません。
個々の教師でも,教育の自由が制約されています。

そんな中で,教育とは関係ない,関係してはならない公務員労組の組合活動と,表現の自由とでは,どちらが優先するでしょうか。
興味のある方は,憲法のできる人に聴いて下さい。


ヒントを言えば,
表現の自由は,前国家的権利であり,自然権であるのに対し,
労働権,とりわけ公務員のそれは,後国家的権利で,非自然権。

そして憲法の人権カタログの中でも,
表現の自由は,基本的人権を護るための基本的人権として,優越的地位が認められています。


公務員の労働権を基礎とする日教組の活動と,
建国記念日にちなんで,その方向性に沿って出された表現活動と
どちらがより保護に値するでしょうか。


そして,一宮市教委は公平らしさを示すために,本来一体何をしなければならないでしょうか。

                    -byフローラ法律・岡崎 from 2013.3.24-

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中