387 親も教師も国も,子どもの権利に対する義務者/日教組問題(あとがき)

(前回,前々回の補足/あとがきです。)

著明な最高裁大法廷判決(旭川学テ事件判決)が出る前から,
以下の各考え方がありました。

1 国家教育権説と,2 国民教育権説です。

1の国家教育権は,教育内容に国民全体の意思を反映すべきであって,それは議会制民主主義の下では,結局国会の法律によって定められるべきだとしています。
この説の主張者は,文科省のお役人です。

2の国民教育権説は,日教組が(未だに)主張する説です。
①教育を受ける権利は,まずは子どもにある。しかし,子どもに教科内容や教科書の選択等をできるはずがない。
②そこで,子どもに教育を受けさせる義務のある親が,子どもに代わってこの権利を有する。
③ところが,親は通常,職業を持ち,具体的な内容まで吟味する余裕がない。
④従って,親から全面的な信託を受けた現場の教師が細部にわたって決定する権利を有する。

なお,この2の説によれば,国家はあくまで教育環境をととのえる義務があり,それに尽きる。国家が教育内容に口出しするのは,国民の教育権の侵害になる。


以上の2つの考え方は,一般の方なら,どちらも違和感を感じるのではないでしょうか。

1の国家教育権説は,そんなに割り切れるのかの点があります(注1)

2の説は,国民教育権説という名こそ素晴らしいですが(前記①),
中身は,どんどんすり替わって,①とは全く違うところに行き着いてしまっています。

もし④の言葉のとおり,説明のとおりならまだ良いです。
先生が児童のため,心を込めて創意工夫を凝らした授業をするならば,です。


ところが,この説を主張するのは日教組だというのですから,
④から進んでさらに,隠された⑤があることになります。

    例えば,「子ども達を適切に導くには,個々の教師の力ではなく,日教組の教師への関与指導が必要不可欠である。」等。



日教組の主張する国民教育権説は,論理の飛躍がありすぎて,余りにもおかしなものです。
①→②の論理の飛躍?に,
③→④の論理の飛躍!,さらに
④→⑤(日教組が教育内容の実権を握るべき)の大きな論理の飛躍!!

結局,子どもの利益=日教組の利益!?になってしまっています。
余りにも余りにも飛躍のしすぎです。

    ここでの日教組は,決して表舞台に出ず
    誰の批判等にも晒されない立場に身を置いているにもかかわらず(注2)
    何よりも子どもとは本当に遠い存在でしかないにもかかわらず,
    結局最も実権を握っているという誤りです。

    なお,ここで私が指摘する,「論理の飛躍」とは,相互間に利害対立があり得るため,両者を当然に同一視することは許されないという意味です。


いずれにせよ最高裁は,国家教育権説はもちろん,
日教組が主張するような国民教育権説は全く採っていません。

教育とは,子どもの福祉のためにあるのであって,
親や国,先生,ましてや日教組の都合のためにあるのではないからです。


日教組も文科省も,この立派な最高裁の大法廷判決をよく読んで欲しいと思います。

とりわけ,日教組が護憲を言うのは結構だが,同時に上記憲法や最高裁判例を遵守して欲しい。

    (注1)国会が決めるというと,その時々の政府の考えを押し付ける危険があります。

     憲法は,国会も,本来の意味での国民主権原理に基づくとされています。
     本来の意味での国民主権とは,一般的抽象的全国民のことです。
     将来の国民も見据えた一人残らずの国民全員です。

     要は,普遍的な人権の保障を踏まえた国民主権のことです。
     その時々の国会の都合ではないという意味です。


    (注2)国家教育権説における文科省というお役人も,同様の側面があります。
     表舞台には必ずしも現れず,直接の批判を受けずに,権限を握ることがありうる点で。
     (国会の民主的コントロールは理論上ありますが。)

     むしろ日教組は,文科省のお役人の理屈を裏返しにしたもの?
     要はその真似をしただけ?かもしれません。

     以上の意味では,文科省のお役人も日教組も,憲法をちゃんと勉強すべきかも!?
     子どもの福祉=子どもの人格権のことです。
     中でも特に日教組は,前回のカズヤチャンネルの動画を見ても,
     未だにお勉強ができていないようです。

参考:

                    -byフローラ法律・岡崎 from 2013.3.24-

カテゴリー:真の教育行政問題教育行政

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中