345 正当な公務の補完作用としての弁護士

弁護士というと,米国流の愚にも付かない?人権を振りかざし,
日本の伝統を破壊するという,
破壊者,壊し屋のイメージがつきまとうのではないでしょうか。

    弁護士はこれは常に自戒すべきことです。

    日本の歴史は,米国の歴史の10倍以上の2675年もあるのです。
    千数百年前にできた聖徳太子の十七条憲法の先進性は驚くばかりです。

    弁護士は常に日本を護るという気概がなければなりません。



とはいえ,かつて,画期的な最高裁等の判決(違憲判決に限りません)を生み出したのは,
裁判所のご尽力もさることながら,
基本となる証拠資料については,弁護士の気の遠くなるような努力によるものです。

    裁判所は,職権で証拠を集めることは理論上,少なくとも実際上できません。
    証拠を必死で集め,苦労してまとめ,プレゼンしていくのは全部弁護士の仕事です。

    しかも足を引っ張る相手方当事者の執拗,時には卑劣な攻撃をかわし又は潰しながらする壮絶を極める作業です。

そうした著明な画期的判決の事案でなくとも,
例えば企業の破産や会社更生手続の中心的役割を果たすのは弁護士です。
裁判所の命を受けて,裁判所に成り代わって仕事をするのです。
裁判所は,遠山の金さんのような調査等の仕事はできないからです。
傭兵のようなものです。

家事事件手続法でも,弁護士が子どもの代理人になる制度が新しく完備されました。
(かつて調査官制度は,高く評価されましたが,最近は不十分な点等が多く指摘されています。
あろうことか,デスクワークを決め込む,小型裁判官のような態度の調査官も増えました。)

労基署に,労働者の代理人として行くと,
労基署という強制調査権限を持つお役所ですら(労働法関係の警察のようなもの),
弁護士が出てくることを歓迎する向きがありありと窺われます。
労基署の権限の適正行使に協力する弁護士は,ウェルカムなのです。


今や市役所も,条例制定やその他公的施策の推進に当たり,
法律関係を弁護士がチェックしたり,障害となるいわば妨害者的立場の人とどう折り合っていくかについて,市に成り代わって交渉したりする例も増えています。


ところで,大阪の橋下市長は,
日本の多くの弁護士や弁護士会からも最も嫌われている弁護士のようです。

ただ,そのやろうとしていることは,要するに,アベノミクスの補完です。
安倍政権が様々な内外の事情や都合で身動きが取れないところを,いわば尖兵となって,環境整備等をしていく。
慰安婦問題もまさにそうでした。

もちろん,これも賛否両論あるし,評価は分かれるでしょう。

ただ,橋下も弁護士であり,しかも弁護士としては有能で,業績もそれなりにあったのだから,日本の余の弁護士連中は,彼を批判ばかりしないで,
そのやろうとしている態度からも学ぶものは多いと思うべきではないか。

    橋下も,当然弁護士の時は,裁判所の下請け的な仕事も多いにやったはずなのです。いつも裁判所と喧嘩して,業績アップできるはずもない。
    むしろその逆,かゆいところに手が届く良き協力者でもあったはず。

    要するに橋下が,自らをアベノミクスの補完勢力と位置づけている態度は,
    弁護士時代に,裁判所と折り合いを付けながら,いわば傭兵として,裁判所の不得手な部分を補完する仕事をしてきた実体験の応用例ではないか,と思うわけ。



このように,弁護士は,今後,お役所が様々な制約事情により身動きが取れない分野,
つまり本来の行政目的・公の目的を達成仕切れていない分野に入り込んで,
お役所の仕事を一部代行しつつ,公益を推進していく姿が求められているのではないか。

弁護士は,反権力反権力なんて言っていないで,何でもお役所のすることを悪と決めつけないで,
未だ未だ行政分野に出て行くべきだと思う。

実際,お役所の施策を見張り・補完する中で,弁護士としての本来の社会的正義に貢献できる部分も,それなりにあると思う。


法の支配とは,法治主義とは異なって,
行政権力も含め,全ての権力が『正義の法』の下にあるという原理です。
お役所が,弁護士等が入り込めないアンタッチャブルな領域と見る方がおかしいのです。

                    -byフローラ法律・岡崎 from 2013.3.24-

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中