336 宝くじ問題2 インサイダー疑惑 1等49本全部を1組に集め,くじ封筒に組を表示する小窓を作ったのは何のため?

日本の宝くじは,不正が起きていても不思議ではありません。

年末ジャンボは,100組以上もある組の番号とナンバーとで,1等賞を決めています。
一等賞はそのうちの1組に全部集約されています。他の99組に跨がることはありません。
何故そのようにしているのでしょうか?


【宝くじ封筒には何故か小窓がある】
連番の入った宝くじ封筒には,何故か小窓があります。

その窓からは,組番号が読めるため,新聞の宝くじ当選欄で,当選した組番号をみるだけで,1等賞の組なのか,その他の99組に属するのか,が一瞬にして分かります。
国民としては楽しみが減り余り面白い話ではありません。
こんな小窓をわざわざ作って組番号を表示をする必要ってあるのでしょうか。

    開封するまでもなく小窓から組番号が確認できるので,何冊買おうが,瞬く間に1等賞が外れていることが分かってしまいます。
    何故組番号だけは,袋の外からでも確認できるようにしてあるのでしょうか。謎です。

    ならば,ばら売りを買えばいい?,いえ,そういう問題ではありません。

    いったい何の目的で,組番号を表示する小窓を宝くじ封筒に作っているのでしょうか。


【全組の同じ番号の全種類のくじ券を必ず49枚きっちり印刷しておくのか?】
1等賞は,仮に49本の当たりを用意すると決まっているとして(2015年は5億円が49本),
たった1つの組から,49本の全ての一等賞の当たりが出るのだとすると,
全く組も番号も同一の宝くじ券がなんと49枚も存在する,つまりその分だけを過不足なくきっちりと予め印刷しておくことになります。

    如何にも不思議な話です。
    当選前に49枚の同一番号の当たり券を用意しておくのでしょうか?

    まあ,このこと自体は仮にひとまず良しとしておきましょう。

    ただ,一等賞の当たりか外れかは,結果論でしか無いはずですから,宝くじ券の印刷の用意としては,100組の全ての組の,しかも各組の中の全ての番号の宝くじ券の全種類について,各々同一のものを全て過不足なく,正確に49枚揃えなければならないことになります。
    一種類につき49枚より多くても少なくてもだめです。
    それも宝くじ券の販売開始前の段階ですべてこれを用意して臨むことが必要になります。

    ・宝くじは,6桁の番号だから,各組に約1000万の種類がある
    ・1000万×100組で十億種
    ・十億種×49枚=490億枚
    この490億枚の宝くじ券を過不足なく予め印刷発行しておかねばならない計算になります。

      ※そもそも宝くじ券って,どのくらいの枚数が買われているのでしょう?
      一億人の日本人が子どもも含め,全員30枚平均で購入したとしても高々30億枚です。
      発行枚数のほとんどが売れ残りの死くじになるということでしょうか。

    ここでどのくじも49枚を過不足なく発行するという意味は,
    もしある組のある番号を間違って150枚刷ってしまい,しかもそれが当選してしまったら,150本の当たりになってしまうので,それはできない,という意味です。

    また逆に,20枚しか刷らなかったとしたら,国民を騙したということになります。
    (モシカシテダケド,少なく刷ることは可能性としては未だあるかもしれない。
    当選者の名前は伏せている上に,売れ残りの死くじにも当たることにしてあるから隠れ蓑にできるからです)


【最も透明性の高い 一等賞当選制度とは】
どうしたら透明性を確保できるでしょうか。

何本一等賞があるにせよ,とにかく複数の組でそれぞれ当選できるようにするべきです。
49本ある一等賞なら,49組に跨がるようにします。

どうせなら49回抽選を行い,組のほか,番号も全部別々にするべきです。
一度 ある組が選ばれると,次の当選の抽選にはその組は外して抽選します。


【一等を管理しやすくしたい?それは何のため?】
一等賞の49本全部が僅か1組に集められていると,胴元は如何にも管理がしやすくなります。
加えて,一等賞は死くじにも当たるのです。

ということは,例えば,売れ残りの死くじがあることを隠れ蓑にしながら,一等賞の当たりくじを後に増刷することさえ可能になるはずです。

それも,くじの販売締め切り日から当選の発表日までの10日程度の短期間に,です。
一等当選49本がすべて別々の組に散らばっていると中々そう上手くはいきません。

    このようなシステムでは,総務省の不正利権の温床になったり,インサイダー取引等すら全然可能になっていることが分かります。


【組番号表示のために宝くじ封筒に小窓を設ける理由】
胴元側からしても,小窓のない宝くじ封筒を作らせるよりも,それがある方が経費はかかります。

何の目的で,封筒の外から組番号が分かるようにしているのでしょうか。
販売員において目視出来るようにしてあるのでしょうか。
だとしたらそれは何のためでしょうか。

    この点,100組中の1組を予言・特定して買う国民はまずいないはずです。
    例えば,100組全部一通り買ったら一体いくらになるのでしょうか。
    同じ組番号でも,ナンバー数は正に膨大です。全部買い揃えるのは元々無理な話です。
    胴元側はそんな希な客の利便のために経費を掛けないはずです。

    仮に,もし公平を期すために,100組もある各組のくじをまんべんなく均等に販売したいというのなら,予め,入念にシャッフルして箱詰めして各販売所に持ち込めば良いだけです。
    その意味で,組番号を販売員が目視する前記小窓は不要なはずです。

むしろ胴元は意図的に,販売員をして敢えて目視させたいのでは?

    (ここからは,私の完全な憶測と思って聞いて下さって結構ですが,
    あるとき,胴元が例えば組番号としては第48組を当選の予定にしたいと考えたとします。
    しかも,もしもこれが技術的に可能だということが前提にはなりますが,この場合,第48組の宝くじ封筒は,できるだけ販売せずに死くじにしておくよう,全国の販売員に指示することも出来ることになります。)

  →後注)


【まとめ】
宝くじは,不正利権や,インサイダー取引の温床になっていないでしょうか

(理由)
・国民が買ってもいない死くじにも当たる制度を取っていること
・宝くじ封筒には組番号が分かる小窓がわざわざ設けられていること
・くじ券の販売終了後 10日以上も後に 抽選がされるなど,時間差を設定していること
・同組同ナンバーの1等賞が,複数,例えば49本も存在すること
前項のことを貫くなら,どの組のどの番号のくじ券も過不足なく49枚が印刷がされていなければならないこと
・組が1つなら,胴元側は極めてコントロールしやすいこと
 

     例えば,49本中10本は国民に,39本は死くじに当て,同39本は,
     表向きは内部者が買った結果当選した旨装うこともできること
     
     また,前記の時間差や死くじが発生することを隠れ蓑にし,
     くじは1つの番号当たり1枚しか発行しないこととしておいて
     発売締切り後になって,当選番号を48枚分追加印刷することもあり得ること
     つまりこの番号に当たった国民の1人を除いて,死くじ48枚が当選した
     とすることも決して不可能ではないこと


      後注)
      もし,胴元が本当に国民思いなら,
      例えば500万円クラスの当たりを5000本用意するなど,
      もっとましなこと,やるべきことが山ほどあるでしょうに,それを全くしていません。
      ですので,胴元性善説は採用できません。

1件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中