323 無免許運転はなぜ悪いか・・・・少年編

無免許運転がなぜ悪いか
今回はその少年編です。

もちろん,以前に一般編(大人編)で述べたことは,少年にもそのままあてはまります。
その上で,今回は少年の無免許運転事犯における特殊性です。

大人の無免許運転の多くは,最初から無免許運転ではなく,
一度は免許を取っていたものの,後に免許取消になった場合が多いと思います。


それに対して,少年の場合は,
①免許取得の年齢に達していない段階での運転という意味での無免許運転か
②その年齢に達していても,免許を取らずに乗る場合,
③免許取得準備中の運転等
になります。

いずれにせよ,年齢層からいうと,中学生・高校生等が多数を占めることが特徴的になります
(小学生なのに,四輪車を乗り回していた少年を扱ったこともありますが。)

問題になるのは,本人達が
学校生活がちゃんと(=楽しく)送れているか,です。

    学校不適応状態になっていて,そのモヤモヤ感から,未だ法律上許可されていないバイクに乗る,
    中でもあえて「背伸び」して,免許年齢前に乗る場合が,まま見受けられることです。

    妙な背伸びは劣等感の裏返しです。

無免許運転がいけないことは,中学生や高校生にもなれば,日本の少年は誰でも知っています。
ただ,学校が面白くない,上手く行っていない。クラブ活動を止めてしまった等々の空虚感,疎外感から,無免許なのにバイクに逃避する例も相当あるようです。

    もっとも,学校の許可も取り,バイクの免許取得中で,既に仮免まで通ったところ,先にバイクを買ったために,つい近所を乗ったら警察に捕まったという場合もありますが,そういう例はむしろ希です。



少年の無免許運転の問題点として何があるか。

まず,学校不適応等があるときは,それが一層加速しますね。
自身の問題に向き合わないことになることも。

更に問題なのは,違法なことをしていると,更に上の違法者が声を掛けてくること。

    暴走族です。
    「このエリアで無免許運転をすることは,ウチらが許さない。
    無免許運転をするならウチらの暴走族に入る必要がある。」

    となる例はこの種の少年事件をみるたびに頻繁に登場します。
    (昔,裁判所時代少年事件を集中して担任した期間があります。)

    語弊があったら誠に申し訳ありませんが,
    蛇の道はヘビという諺があります。
    ヘビの道は,ヘビこそが最もよく知るという意味です。

    無免許運転者の顔つきや表情を見て,暴走族はすぐにピーンと来る,それと分かるようです。
    それで,脅しすかしをかけて引き込むわけです。
    心のスキマができている少年は,これに応じることも当然あります。

しかも最近の暴走族は,さらにその上部団体?としてのやくざが関係していることもあります。

    当面は,使いっ走り程度かもしれませんが・・・・。
    暴力団の若い連中の資金源になっていたりします。暴走族構成員に上納金を払わせるのです。
    そのお金を作るために新しい犯罪に手を染めることもあります。

    車のナンバープレートを暴走族に盗んでこさせたりとか-暴力団が盗んだ車の転売に用いるため-もあります。

要は,近づいてくる人が変わってくることの問題です。
しかも中学生高校生は,学校の授業等はともかく,何かに付けこれから大いに伸びる大切な時期です。
学校の友人と楽しく仲良くやるのもこの時期は大切です。

ところで,家庭裁判所では,初回の無免許運転事件だと
調査官が簡易調査の上交通講習を受けさせて,それで終了等にしていると思います。
有免許の交通事故事犯(過失事故)に準じる処遇をしていたりするのです。

それに懲りて,収まる例もありますが,無免許は無免許です。
有免許の交通事故事犯と比較したら,精神的問題点等の大きさがそもそも違います。
有免許と無免許という点で決定的に違うし,交通事故は過失犯です,無免許運転は故意犯です。
有免許者の事故は偶発的,無免許運転は反復継続的傾向があります。

    もとより,どちらも最初からこうだと決めつけるのは問題で,じっくり個別事案や少年の生活実態をみるべきです。
    ただ,対応する側の心持ちとしては,
    有免許交通事故は善意からスタートし,
    無免許運転は,問題ありからスタートする(集団講習よりも個別処遇がより適する)
    くらいがちょうどいいかもしれません。



親御さんは,本人でも口にできない,表現できないような心のモヤモヤ感を感じ取るとともに,心の奥底をそっとのぞき込むくらいの気持ちは必要です。
もちろん,ただガミガミ注意することは違います。また子ども達を無闇矢鱈と疑うこととも違います。
陰ながら最大限心配してあげて,結局何も問題がなければ,それはそれでよいのですから。

                    -byフローラ法律・岡崎 from 2013.3.24-

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中