322 外患誘致-外国と通じて日本に武力攻撃-は死刑のみ

司法試験を勉強した人は,試験に出たことがあるので皆知っているのですが,
今の多くの日本人は知らない,最高に重い刑法の規定があります。

それは,外患誘致罪というもので,法定刑は死刑のみです。

    今では裁判員制度もできて,それでよく言われているのは
    刑罰の量刑の判断が大変に迷うし難しいと。
    こんな辛い作業は市民にさせないでくれなどとも言われます。
    刑事裁判は,刑罰の量を選択して決めなければならないのが普通です。
    それが苦痛なんです。

    言い換えると,普通の刑法の規定は,罰金が選択できたり,
    10年以下の懲役と定められたりと,
    要は,選択肢や選択の幅がある。

    選択の幅等があるから裁判員の方は量刑の選択に悩むわけ。

    ところが,外国をして日本に武力行使させると,死刑のみ。
    迷うもなにも,それだけです。

刑法第81条[外患誘致] 外国と通謀して日本国に対し武力を行使させた者は、死刑に処する。

死刑しかない刑事規定は,日本では,これのみと言われています。

    公務員の賄賂罪なんて,上限が10年すら行かず,窃盗罪よりも低い法定刑になっているのに。

でも,考えれば考えるほど当たり前ですよね。
日本の社会秩序を護る,日本人の生命身体財産を護るのが刑法なんだから,
そうした保護すべき利益(保護法益)の全てを根底から破壊するのが,外患誘致罪だから。

    秋葉原の例の無差別殺傷事件ですら,まるで可愛い犯罪にみえるほどの大罪ですから。



日本は,かつて戦国時代等では,このような密通者は当然死刑になりました。

山岡荘八の「徳川家康」に,次のような場面が出ています。

徳川家康の家臣で,武田勝頼と密通し,
徳川ではなく,勝頼様に主となってもらい,三河等を治めて貰おうとした輩が居たのです。

それを発見した徳川の忠臣曰く
「我々家臣はな,ウチの殿様が日本一になってもらわないといけないんだ。」
と。

20年以上も前に読んだ小説ですが
この場面が痛く心に焼き付きました。余所の殿様では自分達も滅びるんだ。


ところで,どうして日本は,こうもルーズな国になってしまったのかなと思います。
中韓,北朝鮮が好き勝手ばかりやっているし,
日本の国会議員ですら,親中派や親韓派が多くいて,その方達のために
日本を取り戻す政治ができないとも言われたりする。

鳩山元総理が,前回の民主党政権時代に
「日本は日本人だけのものじゃない」とか,
日本海を「(中韓との)友愛の海」と名付けたりして,
稲田朋美議員から,「寝とぼけたことをいうな」と国会で非難されました。

そして朝日新聞は,少し前まではずっと
何百人もの日本人が被害にあったという拉致問題の解決よりも北朝鮮との良好な関係が大事だと
訴えつづけ,北朝鮮の問題の隠蔽に協力してきました。

それらを総称して,ネットでは「日本の反日勢力」などと揶揄されているわけです。
徳川家康の家臣でありながら武田勝頼に内通した者と同じだと思います。
やり方を間違えれば,外患誘致罪に匹敵する大罪。

    然るに,こうした日本を守る当然の取り組みを
    逆にネトウヨだのなんだの非難する。
    (確かに荒削りなところがまだあるけど)


日本は,相当ヤキが回ったか,さもなくば,余りにも平和ぼけしているのだと思います。
(中共に手招きした結果,人民解放軍が沖縄に進軍して,チベット化したら正真正銘の外患誘致罪です。)

と同時に,外患誘致罪の規定からすれば,日本の反日勢力と戦う人達や政治家の正当性,正統性が証明されているのではないか。

                    -byフローラ法律・岡崎 from 2013.3.24-

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中