180 最高裁,NHK受信料は5年の消滅時効にかかる。

NHK時効5年

最高裁は,NHKの受信料請求権の消滅時効の期間を5年としました。



【言論の自由には優劣がある】
政治経済,天下国家,日本国民やその将来のため,
大いに議論を巻き起こし,かつその議論のために適切な資料を提供するべく,マスコミがなす言論は,
憲法21条が予定する正真正銘の言論の自由です。
言論の自由の真骨頂です。

それに対し,これらとは基本的に関係のない,
商売的言論-コマーシャリズム的なもの-は,前段の言論よりも一段低いものと解釈されています。
・・・・せいぜい言って表現者自身の個人的自己実現のための言論にすぎないと。

    ex.マルハンのコマーシャルとか



NHKは,国会中継の資料を中国の中共管理下の放送局に全部横流ししているとの噂すらある。
とんでもないことです。

    NHKはただでさえ,
    Japanデビューの放送(1万人訴訟になった)や
    中山成彬議員の国会での慰安婦質問の中継につきYouTubeへのアップを殊更に削除請求したとして
    国民から非難ごうごうです。



【比較対照して下さい】
インドのパール判事について
・・・・こんなのは,NHKは少なくとも最近までは,全然放送しませんよね。

                    -byフローラ法律・岡崎 from 2013.3.24-

カテゴリー:表現の自由民事裁判

1件の返信 »

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中