176 内閣法制局長官は,憲法の8月革命説否定

この内閣法制局長官の答弁は知りませんでした。



元最高裁判事にして,京都大学教授佐藤幸治(司法改革審議会座長)も
その著書で,日本の憲法は,8月革命説でできたとしか説明のしようがないと記していた。
(少なくとも私が受験生の時の同教授の書籍によれば)

これは,東大の憲法教授の芦部の恩師宮沢俊義憲法教授が称えた説で,そこから通説になった。


内閣法制局長官は,これを否定した。
しかもGHQ当局の強い影響化にあって制定されたとも述べた。

内閣法制局は,法律界の最高権威
(財政の最高権威が財務省)
なんと127年も続いており,憲法よりも歴史は圧倒的に古い。

しかもその長官は最高裁にも天下りするほどの役職,
憲法解釈の最高権威でもある。



その長官が・・・・。
驚きました。

                    -byフローラ法律.岡崎 from 2013.3.24-

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中