170 なぜ無免許運転が悪いのか

無免許運転って,罰金のみ?(無事故の場合)

いや,れっきとした犯罪ですので,懲役2年まであります。
2件以上やれば,懲役3年になります。

飲酒運転も同様です。3年以下,2件以上なら4年6月

そのいずれにせよ,
1回目,2回目で,かつ軽い場合なら,罰金ですむかもしれません。
しかし,3回目以降は,正式公判請求になり,懲役刑になります。

遅くとも4回目には刑務所に入ります。

問題は,3回目までに治せるかどうか,です。



私が裁判やっていてよく見た例は
もちろん最初は免許を取っています。
しかし交通違反を繰り返して,免停,
挙げ句に免許取消になり無免許になるのです。

しかもその後がいけない。
もう自動車なしの生活はできなくけなり,つい乗ってしまう。

    人は,歩き→自転車→バイク→自動車というように,
    順に快適さの階段を上がっていく。
    自動車の快適さを知った人が歩きや自転車には戻れない。

免許があると会社に偽って仕事で乗ったりすることも。
今は会社も厳しくチェックしていますが,外注とかなら分からないことあり?。
そもそも仕事に必要なら,なんだかんだ乗りますよね。

すると,過去免許を取って自由自在に乗った人こそ,
免許取消後,無免許運転を繰り返すことにもなったりするワケ

無免許運転をすれば,免許取消期間が延びる。
延びるとその期限が待てずに,また無免許運転・・・・
懲役の繰り返し・・・・。


さて,そもそもなぜ無免許運転が悪いんでしょうか。
運転の技能でしょうか?

    それは有免許者と差異はないでしょう。
    事故に遭う確率が無免許なら格段に高くなるとはいえないでしょう。

無免許運転は,当然任意保険が使えませんよね。
強制保険は適用になるとしても。。。

任意保険が使えないなら,5000万円6000万円支払う必要がある場合も出てくるということです。
被害者(遺族)は無免許運転事故を決して許しはしません。



ところで,飲酒運転(ただし,有免許)はどうでしょうか

強制保険のほか,任意保険も,被害者には賠償金が払われるようです。
しかし任意保険会社は,飲酒運転による事故の補償については,被害者に支払った額をそのまま加害者に請求するはずです。
保険会社は,5000万円を被害者に払えば5000万円を加害者に請求。
現にそういう民事訴訟も経験あります。

    そんな加害者の月々の僅かな保険料金で,5000万円6000万円の事故の賠償金を喜んで払うはずがないのです。

    契約約款で,保険料でまかなえない場合が書いてあるはずです。



任意保険に入っていて途中から免許取消になり,保険料支払中の無免許運転による事故も同じはずです。


【補足】
私は,女性裁判官が帰宅途中に,ある加害者のバイクで死亡した例を聞いています。
その加害者は任意保険の入っていない方のバイクに乗っていて,運転を誤って歩道に乗り上げたのです。
その判事さんは,事故後亡くなるまで,自宅で仕事をするために持っていた結審後の裁判記録のことを気に掛けて,「記録,記録」と言っていたそうです。
(乃木大将くらい偉い。)

そんな真面目な判事さんなのに,よりによって,任意保険の入っていない方のバイクで死ぬなんて,かわいそうすぎます。

    生涯賃金6億とも言われる判事さんの場合,賠償金は2,3億円くらいいったのではないか。
    それが強制保険分を除く全額を加害者が負担するんでしょうね。

    有免許の方でも,こんな事があります。
    まして無免許運転は論外。。。

                    -byフローラ法律・岡崎 from 2013.3.24-

カテゴリー:刑事問題民事裁判

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中